能戸清司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

能戸 清司(のと きよし、1921年3月13日 - 2014年9月14日)は、北海道函館市生まれの新聞記者小説家

東京大学法学部政治学科卒業後、朝日新聞社入社。学芸部長、論説委員を歴任し、「天声人語」の執筆も担当した。記者のかたわら木戸織男のペンネームで小説も書き、1960年「夜は明けない」で第1回サンデー毎日小説賞第二席、第44回直木賞候補。1961年には「朝のたそがれ」で第13回文學界新人賞候補(能戸清司名義)。朝日新聞退社後、名古屋保健衛生大学(現・藤田保健衛生大学)教授となる。

著書[編集]

  • 『君臨』芙蓉書房 1975
  • 『知的教養としての文章作法』産業能率短期大学出版部 1977
  • 『就職試験論文・作文の実戦技術 就職・入試突破100のポイント』永岡書店 1978
  • 『知的「生きがい」の発見』産業能率大学出版部 1979
  • 『うまい!といわれる文章はどう書くか』ベストセラーズ ワニの本 1980 のち文庫
  • 『亭主学18章 家庭管理職のすすめ』産業能率大学出版部 1981
  • 『夫婦ゲンカのメカニズム』日本実業出版社 1981
  • 『ワープロ時代の文章作法』有斐閣新書 1987
  • 『文章がうまくなる本 ちょっとしたコツで』ナイスデイ・ブックス 1989
  • 『知的な恋愛についての68章』潮文社 1992 「恋愛・結婚 女性が20代で考えておくべきこと」三笠書房知的生きかた文庫
  • 『午後の中絶』木戸織男名義 近代文芸社 1992
  • 『彼方』幻冬舎ルネッサンス 2012
  • 『さらばカルメン ひとりぼっちの反戦抵抗』日本文学館 2012
  • 『マゼランの首』幻冬舎ルネッサンス 2012(「夜は明けない」「朝のたそがれ」所収)

監修[編集]

  • 『いま、ここに、生きて 五十人・百編のエッセイ集』監修 中部エッセイスト・ソサイエティ編著 創栄出版 2003

参考文献[編集]