能動学習

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

能動学習(のうどうがくしゅう、: active learning)は、機械学習の学習手法の一種であり、学習アルゴリズムがそのユーザや他の情報源に対話的に問い合わせることで、学習に有用なデータを優先して選択・生成し、ラベル付けを行うものである[1][2]。能動学習の詳細な問題設定は多岐に渡り、プールベース能動学習などがある。

脚注[編集]

  1. ^ Settles, Burr (2010). Active Learning Literature Survey. Computer Sciences Technical Report 1648. University of Wisconsin–Madison. http://pages.cs.wisc.edu/~bsettles/pub/settles.activelearning.pdf 2021年11月29日閲覧。. 
  2. ^ 安部, 直樹、中村, 篤祥「能動学習概要」『情報処理』第38巻第7号、1997年、 558-561頁。