胡皇后 (北斉武成帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

胡皇后(ここうごう、生没年不詳)は、北斉武成帝皇后後主を生み、皇太后に立てられた。本貫安定郡臨涇県

経歴[編集]

父は胡延之。母は范陽の盧道約の娘。長広王の高湛(後の武成帝)の最初の本妻 • 隣和公主が早世すると、天保の時代、胡氏は選抜されて長広王妃となった。高緯(後主)と高儼を産んだ。562年河清元年)、武成帝の皇后に立てられた。武成帝が死去し、後主が即位すると、皇太后に立てられた。太后は沙門の曇献と密通したが、発覚して曇献は処刑された。後主により太后はの北宮に幽閉されたが、後に解放された。北斉が滅び、北周に入ると、また乱行をほしいままにした。開皇年間に死去した。

逸話・人物[編集]

  • 母の盧氏が懐妊したとき、ある胡僧が家を訪れて「この家には瓠蘆の中に月がある」と言い、胡氏が生まれたと伝えられる。
  • 武成帝のとき、胡氏は宦官たちと親しく馴れ合った。武成帝が和士開を信任して側近に置いたため、胡氏は和士開と姦通することとなった。武成帝の死後、和士開陸令萱と結託して趙郡王高叡の殺害を図り、婁定遠高文遙刺史として出させた。陸令萱と和士開は胡太后に仕えてへつらった。
  • 武成帝の死後、胡太后はたびたび仏寺におもむいて、沙門の曇献と通じた。太后は僧侶たちを宮殿内に置き、聴講にかこつけて日夜また曇献と寝所をともにした。曇献は昭玄統に上った。僧侶たちは曇献のことをひそかに太上と呼んだ。後主は胡太后の不貞の噂を知っていたが信じてはいなかった。後に太后のもとに通うふたりの若い尼を見て、後主が召しだすと、実は男であることが発覚した。このため太后と曇献の関係が発覚し、曇献らは処刑され、あわせて太后と昵懇の間柄であった元郡君・山郡君・王郡君も殺害された。
  • 後主が晋陽から太后を連れて鄴に帰る途中、紫陌で大風に遭って立ち往生した。舎人の魏僧伽が風占で謀反の企みのあることを上奏した。後主はいつわって鄴中に急変があったといい、鄴の南城に駆け込んだ。鄧長顒に命じて太后を北宮に幽閉させた。後主は太后と会わないと誓って公表したが、長らくして後主は再び太后を迎えさせた。このとき後主の使者がやってくると、太后は驚いて殺されるのかと警戒した。後に太后が後主を食事に招いたが、後主もあえて毒味しようとしなかった。
  • 北周の使者の元偉が来朝し、述行賦を作った。その内容は荘公が弟のを討ち、母の姜氏を移した故事を扱っていた。賦の出来はよくなかったが、故事の示唆する醜聞は当時の人々の知るところであったため、北斉の人士たちは深く恥とした。

伝記資料[編集]