胡春華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
胡 春華
Hu Chunhua.jpg
プロフィール
出生: 1963年4月
出身地: 中華人民共和国の旗 中国湖北省五峰県
各種表記
繁体字 胡 春華
簡体字 胡 春华
拼音 Hú Chūnhuá
和名表記: こ しゅんか
発音転記: フー・チュンフア
テンプレートを表示

胡 春華(こ しゅんか、フー・チュンフア、1963年4月 - )は、中華人民共和国政治家国務院副総理(序列は4人中3位)。第18期・第19期中国共産党中央政治局委員、内モンゴル自治区党委書記を経て、2012-2017年広東省委書記。中国共産主義青年団(共青団)中央書記処第一書記などを務めた。

経歴[編集]

1979年に五峰県の全国普通高等学校招生入学考試で全県文科首席(高考状元)となり[1]、クラス最年少の16歳[2]北京大学文学部(中文系)に入学、1983年には成績優秀だったことから卒業生総代となった[3]。卒業後は共青団チベット自治区委員会組織部を皮切りに、2006年まで一貫してチベットの業務に携わってきた。共青団チベット自治区委員会副書記時代の自治区書記、96年から中央党校に学んだ際の校長がいずれも胡錦濤であり、理工系出身のテクノクラートゆえに胡春華の古典に関する知識[4]を高く買った胡錦涛元総書記の寵愛を受けて「小胡錦涛」と呼ばれるようになる[5]。共青団第一書記就任も胡錦涛の地盤固めと思われ、直前まではチベット自治区党委員会常務副書記、自治区党委員党校校長を務めていた。
2008年4月1日、新華社通信が胡春華の河北省党委員会副書記就任を報じた。その後、後出の孫政才より5ヶ月年長の胡春華は、2009年1月に河北省省長に当選した際、「最も若い省長」と呼ばれた。

2009年11月、内モンゴル自治区の党委員会書記に抜擢された。8年連続で中国で最も高くGDPを伸ばして経済成長に偏った内モンゴルの格差是正に取り組んだその経済手腕と、モンゴル族との融和を進めた少数民族対策[6]から、吉林省党委員会書記に抜擢された同い年の孫政才とともに第6世代のホープとされる。両者とも共青団出身で胡錦涛系。

2012年11月15日、第18回党大会後の中央委員会で、49歳で中央政治局委員に選ばれた。

翌12月、汪洋の後任として、広東省委書記に任命された[7]

2018年3月、第12期全国人民代表大会で国務院副総理に選ばれた[8]

関連事項[編集]

出典[編集]

外部サイト[編集]

 Flag of the Chinese Communist Party.svg中国共産党
先代:
汪洋
広東省党委書記
2012年12月-2017年10月
次代:
李希
先代:
儲波
内モンゴル自治区党委書記
2009年11月-2012年12月
次代:
王君
先代:
周強
中国共産主義青年団
第一書記
2006年11月- 2008年11月
次代:
陸昊
中華人民共和国の旗中華人民共和国
先代:
郭庚茂
河北省省長
2008年4月-2009年12月
次代:
陳全国