胡宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

胡宏(こ・こう、生没年未詳)は南宋初期の中国の儒学者。字は仁仲。五峰先生と称せられる。儒学者・胡安国の末子。

事績[編集]

建寧崇安(福建省)の出身。幼いときから開封に上京し、楊時(亀山)に学び、荊門に行き師聖侯仲良に師事した。のちに父の学を伝えて衡山へと遊学し、晩年には張栻(南軒)の師事を受けた。紹興年間、父の余沢により右承務郎に任命されたが、秦檜が国政をほしいままにしているのを嫌がり就任しなかった。秦檜が死んだ後も、病を理由として官職を辞し、そのまま家で没することになった。

かつて高宗に上書して、金国が起こした「靖康の変」に復讐するよう進言したことは『宋史』本伝にくわしく記載された。

学問・著作[編集]

  • 『皇王大紀』80巻:万古から周朝末期までの帝王について記す。
  • 『胡氏知言』:儒学上の意見を記す。張栻・呂祖謙が賞賛し、朱熹が駁論を書く。
  • 『五峰集』:詩文集。末子・胡大時が編集。詩106首・書78巻・雑文44首

参考[編集]

  • 『宋史』436/儒林伝
  • 『宋元学案』42/「五峰学案」
  • 『四庫全書』総目47・92・158