背教者ユリアヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

背教者ユリアヌス』(はいきょうしゃユリアヌス)は、辻邦生の長編歴史小説

中央公論社文芸雑誌』に1969年7月号(創刊号)から1972年8月号まで連載し、1972年10月に中央公論社から単行本が刊行された。1973年に毎日芸術賞を受賞した。歴史小説ファンタジーの名作と見なされることもある。

概要[編集]

4世紀ローマ帝国皇帝で、キリスト教への優遇を改めようとしたことで後世「背教者」と呼ばれたユリアヌスの三十数年の生涯を描いた大作である。

生誕から幾多の試練を経てローマ皇帝に即位するも、遠征先のペルシアの砂漠で戦死するまでの生涯を、終生ギリシア哲学を学び、可能な限り事態に誠実に対処した人物として描く。

刊行書誌[編集]

  • 背教者ユリアヌス(中央公論社、1972年)
    • 限定特装版(中央公論社、1975年)。限定500部 
  • 背教者ユリアヌス(中公文庫(上中下)、1974年 - 1975年)。下巻解説は篠田一士(友人)
    • 文庫改版(全4巻)、2017年 - 2018年。各巻に解説・解題を収録
  • 辻邦生歴史小説集成(四・五・六) 背教者ユリアヌス(岩波書店、1992年 - 1993年)
  • 辻邦生全集4 背教者ユリアヌス(新潮社、2004年) 回想解説は辻佐保子(妻)