背徳の囁き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
背徳の囁き
Internal Affairs
監督 マイク・フィギス
脚本 ヘンリー・ビーン
製作 フランク・マンキューソ・ジュニア
出演者 リチャード・ギア
アンディ・ガルシア
音楽 ブライアン・バンクス
マイク・フィギス
アンソニー・マリネリ
撮影 ジョン・A・アロンゾ
編集 ロバート・エストリン
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年1月12日
日本の旗 1990年6月29日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$27,734,391[1]
テンプレートを表示

背徳の囁き』(はいとくのささやき 原題:Internal Affairs)は、1990年制作のアメリカ映画リチャード・ギアアンディ・ガルシア出演。

ロサンゼルス市警察内部に暗躍する悪徳警官と、内務調査班(インターナル・アフェア)の捜査官との対決を描いたサスペンス映画。リチャード・ギアが初めて悪役を演じた。

日本でのビデオタイトルは、『インターナル・アフェア/背徳の囁き』。

あらすじ[編集]

ロサンゼルス市警察内務調査官としてやってきたレイモンド・アヴィラは、表向きは優秀な警察官だが、裏では悪事を働いている悪徳警官デニス・ペックの存在を知り、摘発しようと奔走するが、デニスは仲間を口封じに次々と殺害、さらには、レイモンドの妻・キャスリーンに接近し、彼に揺さぶりをかけてくる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

外部リンク[編集]