肥田晧三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

肥田 晧三(ひだ こうぞう、1930年昭和5年)[1] - )は、日本の書誌学者[1]、日本文学者[1]

概要[編集]

大阪市中央区[1]島之内[要出典]生まれ。大阪府立高津高等学校を病気のため1953年(昭和28年)に中退[1]。長期療養を経て[1]、1968年(昭和43年)、大阪府立中之島図書館嘱託として古典籍整理の仕事に就く[1]

その後関西大学に勤務[1]し、図書館嘱託[1]、文学部講師[1]を経て、1984年(昭和59年)、文学部教授に就任[1]。1990年(平成2年)に退職するまで書誌学、近世文学の講義をおこなった[1]。1989年には、「上方学藝史叢攷」で関西大学文学博士を取得した[2][1]

大阪庶民文化史、近世文学、上方芸能史、大阪近代文学史等を研究。『近世子どもの絵本集・上方篇』で毎日出版文化賞特別賞を受賞した[1]ほか、大和郡山市から第2回水木十五堂賞を受賞した[1]

一時、体調を崩したこともあって、独学での研究生活。多くの大阪資料を蒐集し、独自の視点から見たなにわの文化を「大人の楽しみ」と「子どもの遊び」に焦点をあてて研究した。ジャズ評論もする。

著書[編集]

  • 『立版古考』日本浮世絵協会 1966
  • 露伴遺珠』湯川書房 1978
  • 『上方風雅信 大阪の人と本』人文書院 1986
  • 『上方学芸史叢攷』青裳堂書店 1988 日本書誌学大系
  • 『肥田せんせぃのなにわ学 こどもの遊びおとなの楽しみ汲めども尽きぬ、なにわの文化』INAXギャラリー企画委員会企画 INAX出版 2005 『再見 なにわ文化 (上方文庫別巻シリーズ)』 2019 和泉書院

編著[編集]

  • 肥田晧三・中野三敏編『近世子どもの絵本集・上方篇』1985 岩波書店

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 第2回 水木十五堂賞 受賞者の紹介”. 大和郡山市. 2016年1月26日閲覧。
  2. ^ 博士論文書誌データベース