肥厚性瘢痕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん, : Hypertrophic scar)とは、外傷後に、創面を修復しようと出来た線維組織が過剰に産生され、いわゆるミミズバレ状の傷跡(瘢痕)が、長期にわたり残存する状態をさす。

経過[編集]

  1. 創面をふさごうと血液が凝固する。(24時間以内に表皮細胞結合)
  2. 受傷後3 - 4日。深い損傷部位では毛細血管がつながり線維組織(線維芽細胞)による修復が行なわれる。
  3. 瘢痕が出来上がる。
  4. 受傷後1 - 6か月。瘢痕組織がふくらみ肥厚性瘢痕となる。
  5. 6か月をもって厚みは頂点に達し、数年かけて減じてゆく。

なお、赤みはそれまでは真っ赤で、その後3年かけて消褪してゆく。 また、硬さは受傷初期はやわらかく、4か月目より硬化する。

特徴[編集]

  • 周りの皮膚を押しのけるようにひろがる。
  • 数年から数十年の経過で、自然治癒する場合もある。

ケロイドと同じく圧迫療法、ステロイド剤の外用、ヘパリン類似物質軟膏の外用、トラニラストの内服などの療法がある。

関連項目[編集]

参考[編集]