肉弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

作品としての『肉弾』[編集]

肉弾(にくだん)は、櫻井忠温日露戦争後に実体験をもとにして描いた戦記文学1906年4月25日に英文新誌社出版部から出版された。副題は旅順実戦記。

作者は陸軍中尉として旅順作戦に参加、「銃創八箇所、骨折三箇所」の重症を負い、帰国後、左手で執筆した作品。

明治37年、著者は歩兵第22連隊連隊旗手として5月末遼東半島に出征するが、乃木将軍の指揮下に旅順攻囲戦にしたがうことになる。対陣月余、まず歪頭山に初陣し、つづいて剣山の険に激戦をくぐり敵の第一防御線を手中におさめ、炎熱と雨露に悩まされる幕営生活をすごすこと1か月、進撃準備がととのい、第二防御線を襲い、3日間にわたる難戦苦闘のすえ、太白山一帯の陣地を占領、さらに長躯追撃して初めて旅順要塞の本防御線にせまる。やがて豪雨をついて大孤山の攻略にあたり、2日にしてこれを奪取することができる。こえて2週日、わが軍はいよいよ第1回攻撃に転じる。この間著者は中尉に昇進、小隊長として陣頭に立ち、目標たる東鶏冠山砲台にむかって進む。8月21日以来歩兵の攻撃がおこなわれ、敵塁直下に肉弾戦の惨烈な場面が繰り返されるが、いたずらに死屍を積み重ねるのみである。24日未明、中隊はその後を継ぐ「必死隊」として進撃するが、敵の第一散兵壕を破るや中隊長は戦死し、兵は一人ひとり斃れ、かわって指揮する桜井中尉はまた右手を撃たれ、さらに左手を射貫かれ、また右脚まで砕かれて立つことができなくなる。夜が明けるが、戦場を累々と埋める死傷者に伍して、流血の刻々と生命を奪い去るにまかせるよりほかない。とそのとき見知らぬ高知連隊の近藤竹三郎が、わが身の負傷をもかえりみず、瀕死の中尉を負うて敵囲から脱出、かろうじて死中に生を得しめたのである。

言葉としての肉弾[編集]

肉弾という言葉は、「肉体によって銃弾の様に敵陣に飛び込む攻撃」という意味合いの、「肉を以て弾と為す」という言葉を縮めて作者が戦地で口癖としていたことが起源。現代の言葉では突撃を意味する「吶喊」(とっかん)する兵士を指し、必ずしも体当たり攻撃を指すものではなかった。また、肉弾戦とは、敵味方の将兵が入り混じっての熾烈な接近戦を意味する。

十五年戦争期を通して、物資の不足や技術力の低さを精神と肉体でカバーするという日本軍の勇敢さを表す合言葉として広く用いられ、一般名詞として認知されるに至る。

第二次世界大戦中、対戦車兵器の不足から日本兵による対戦車肉薄攻撃がしばしば行われた。駆け寄って爆薬をハッチ上に仕掛けたり、地雷を背負って履帯の前に身を投げたり、蛸壺壕に潜み、敵戦車が接近すると抱えた爆弾砲弾信管を叩いたりして、自爆していった。これも、その様から肉弾攻撃と呼ばれる。また、爆弾三勇士は、肉弾三勇士とも呼ばれた。

関連項目[編集]