肉弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

肉弾(にくだん)は、櫻井忠温日露戦争後に実体験をもとにして描いた戦記文学1906年に英文新誌社出版部から出版された。副題は旅順実戦記。

作者は陸軍中尉として旅順作戦に参加、「銃創八箇所、骨折三箇所」の重症を負い、帰国後、左手で執筆した作品。

言葉としての肉弾[編集]

肉弾という言葉は、「肉体によって銃弾の様に敵陣に飛び込む攻撃」という意味合いの、「肉を以て弾と為す」という言葉を縮めて作者が戦地で口癖としていたことが起源。現代の言葉では突撃を意味する「吶喊」(とっかん)する兵士を指し、必ずしも体当たり攻撃を指すものではなかった。また、肉弾戦とは、敵味方の将兵が入り混じっての熾烈な接近戦を意味する。

十五年戦争期を通して、物資の不足や技術力の低さを精神と肉体でカバーするという日本軍の勇敢さを表す合言葉として広く用いられ、一般名詞として認知されるに至る。

第二次世界大戦中、対戦車兵器の不足から日本兵による対戦車肉薄攻撃がしばしば行われた。駆け寄って爆薬をハッチ上に仕掛けたり、地雷を背負って履帯の前に身を投げたり、蛸壺壕に潜み、敵戦車が接近すると抱えた爆弾砲弾信管を叩いたりして、自爆していった。これも、その様から肉弾攻撃と呼ばれる。また、爆弾三勇士は、肉弾三勇士とも呼ばれた。

関連項目[編集]