肉吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一番右の器が肉吸

肉吸(にくすい)とは大阪の料理であり、わかりやすく言えば、肉うどんからうどんを抜いたもの。かつおや昆布等を使ったシンプルなスープに、たっぷりの牛肉と半熟状態のが入っている。また、卵抜きや豆腐が入ったものも存在する。

難波千日前にあるうどん屋「千とせ」が発祥とされ、千とせのメニューでは『肉吸い』と書いてある。そもそもの始まりは、吉本新喜劇俳優である花紀京が出番の空き時間に店を訪れ、二日酔いで軽く食事をしたかったために「肉うどん、うどん抜きで」と注文し、先代の店主がそれに応えたことから始まり、その後、クチコミで世間に広まり店一番の人気メニューとなった。[1]

肉吸いは全国に広がり、すき焼き風、卵かけご飯風など、バラエティに富んだ様々な食べ方が生まれている[2]

2008年2月から毎年、サークルKサンクスとのコラボ商品として、レンジアップスープ『千とせ 肉吸い』が期間限定で発売されている。

なか卯は一部店舗(2016年現在)で肉吸いを提供している[3]。公式サイトのメニューに無く、当然クイックナンバーも登録されていない。


脚注[編集]

  1. ^ 肉うどんのうどん玉抜き! 「肉吸い」発祥の店『千とせ』に行ってきた - 多くの芸人さんに愛される店 ロケットニュース24
  2. ^ 東京ウォーカー 関西芸人お気に入りのうどん“肉吸い”が東京で進化
  3. ^ 『「なか卯 五反田店」で「大阪名物 肉すいセット」』by jun_chin なか卯 五反田店 - 五反田-牛丼 食べログ

関連項目[編集]