肉亭夏良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

肉亭 夏良(にくてい かりょう、生没年不詳)は明治時代浮世絵師

来歴[編集]

肉亭、夏良と号す。「親」という印を使用している。明治7年(1874年)に子供を題材にした錦絵などを残している。

作品[編集]

  • 「白虎隊英勇鑑」 大判3枚続 明治7年
  • 「訓童小学校教導之図」 大判3枚続 明治7年 伊勢屋利兵衛

参考文献[編集]