職業としての政治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

職業としての政治(しょくぎょうとしてのせいじ、Politik als Beruf)とは社会学者マックス・ヴェーバー大学生に向かって行った講演の内容をまとめたもの。

このヴェーバーによる講演は1919年1月28日にミュンヘンの学生団体のために行ったものである。1919年1月では第一次世界大戦でドイツが敗北し、革命によって帝政が廃止される事態になっていた。

内容[編集]

権力[編集]

政治とは何かについてヴェーバーは「自主的におこなわれる指導行為」の一切を含むものと述べている。銀行の為替政策、都市の教育政策、細君の亭主操縦などあらゆる社会現象は政治的なものである。ただし以後述べる政治は国家の指導に影響するような政治活動に限定する。

社会学的な国家とは物理的暴力の行使という特殊な手段を有する政治団体であるというものであり、トロツキーが「すべての国家は暴力の上に基礎付けられている」と述べたように、暴力を持たない国家は無力である。無論、暴力の行使は平時における通常の国家の政治的手段であるわけではない。

つまり国家とは域内において「正当な物理的暴力行使の独占を要求する共同体」(als eine Gemeinschaft, welche innerhalb eines bestimmten Gebietes das Monopol legitimer physischer Gewaltsamkeit für sich (mit Erfolg) in Anspruch nimmt)だと捉えることができる。したがって政治とは国際社会においても国内社会においても、「権力の分け前にあずかり、権力の配分関係に影響を及ぼそうとする努力である」と言うことができるだろう。

支配[編集]

近代国家やそれ以前のあらゆる政治団体とは暴力を背景とした「人間の人間に対する支配関係」であるとヴェーバーは見なす。したがってその存続には被治者の服従が必要である。正当性の根拠について見てみると、ある習慣を保守する態度がとられることで神聖視されている伝統的支配、ある個人のカリスマ性や英雄的行為に依拠したカリスマ的支配、制定法の妥当性や権限に基づいた合法的支配の三つに大別することができる。さらに支配を実施するためには、政治権力がどのように自己の支配機構を確保するのか、という問題がある。

あらゆる支配機構には二つの条件がある。第一に人々の行為が権力に対して服従するように方向付けられていることであり、第二に支配者は物理的暴力を掌握していることの二つである。つまり行政上の人的、物的な資源の両方が必要である。行政に従事する人員は支配機構の存在を示すものであり、物理的暴力に関しては物的資源を必要とし、貨幣、建築物武器、車両は行政活動を遂行する。

ヴェーバーは行政の物的手段が支配者ではなく行政人員によって独自に確保されている政治団体を身分制的な団体と呼び、封建制において領主は行政や司法を自主的な権力で実施していると分析する。また支配者が行政の物的手段を独占する支配体系も古くから見られ、君主制では人間が現物支給や貨幣給与で雇用する人々で行政統制し、軍事力を準備していたものと見直す。つまり近代国家とは域内において正当な物理的暴力行使の独占化に成功した集権的な支配団体である。この政治的収奪過程において職業政治家が登場した。

職業政治家[編集]

政治は臨時や副業の政治家でも可能であるが、物的にも心的にも一義的に政治で生きている人々としての職業政治家がいる。職業として政治を行う場合は政治によって生きるのか、政治のために生きるかのどちらかがある。両者の違いは、前者が政治を恒常的な収入源にしている者であるのに対して、後者はそうでない者という点にある。このうち、政治のために生きる人々を中心に政治が運営される場合、その際の政治家の人的補充はどうしても金権制的に行なわれてしまう。そういった金権制的な人的補充が行なわれないようにするためには、政治に携わることによって定期的で確実な収入が得られるようにしなければならない。

職業政治家と異なる傾向を持つものとして官僚がある。これは専門教育によって養われた知識と高い誇りを持っている。国家機構の純粋な技術的能率性をつかさどっている。このような発展は技術的な行政活動の必要性によるものである。官僚は専門家でありかつ非党派的であるべきであり、政治的闘争に巻き込まれてはならない。党派性や闘争は政治家の本領であり、官僚とは全く異なる責任があるのだ。官僚はもしも上部の命令が自分の意見と相容れないものであったとしても、それが信念であるかのように執行すべきである。

政治倫理[編集]

職業政治家になるための資質の一つとしてヴェーバーは「権力感情」を挙げている。つまり他者を指導しているという意識や歴史的事件の一部を担っているという感情によって非日常的な気分を味わうことができる。しかし政治には特有の倫理的問題の領域がある。政治家にとって情熱、責任感、判断力の資質が特に重要である。

仕事に対する不毛な興奮や仕事への奉仕として責任感をもたらし、それが判断力を求めることになる。問題となるのは情熱と判断力をどのように一人の人格に内面化するかというものである。政治は情熱が必要であるが、対象から適度な距離を保って観察する判断力も求められる。片方だけでは良い政治家でありえない。つまり政治家はできるだけ衆目を集めようとする虚栄心という致命的な気質を克服しなければならない。

もし為政者がその政治倫理を自覚しなければ政治的手段そのものによって滅ぼされる危険性がある。将来の危険が不可測であったとしてもその全責任を引き受け、道徳的にも屈服せず、政治倫理が悪行をもたらすものであると知る人間こそが、政治への天性を持っているとヴェーバーは結論を出している。

参考文献[編集]

マックス・ヴェーバー、脇圭平(訳)、1980年(昭和55年)、『職業としての政治』、岩波書店岩波文庫〉(原著1919年) doi:デジタルオブジェクト識別子 ISBN 978-4003420973 中山元訳 『職業としての政治/ 職業としての学問』 (日経BPクラシックス、2009年) ISBN=987-4822247225

関連項目[編集]