聖骸の魔女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
聖骸の魔女
ジャンル ファンタジーハーレム
漫画
作者 田中ほさな
出版社 少年画報社
掲載誌 ヤングキングアワーズ
発表号 2014年12月号 - 2018年10月号
巻数 既刊6巻(2018年3月30日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

聖骸の魔女』(せいがいのまじょ)は、田中ほさなによる日本漫画。『ヤングキングアワーズ』(少年画報社)にて2014年12月号から2018年10月号まで連載。ダークハーレムファンタジーと単行本帯等では称され、青年誌らしい女性のヌードやグロ描写もある。単行本では多くの用語解説が載っている。

あらすじ[編集]

15世紀ローマ、人間と魔女の間に戦争が勃発する。魔女の襲来から浄皇を守るために、ニコラ・エスカリバは最初の魔女である「聖骸の魔女」エゼルバルドとウプスラと契約する。その後二人の魔女とも契約を交わし、裏切り者の魔女・アダンテを追う。

登場人物[編集]

浄皇庁[編集]

ニコラ・エスカリバ
生涯貞操を守ることを誓っているクレド教の修道士。
魔女の襲来からやむなく「聖骸の魔女」と契約してしまい。その契約は夫婦の契約であり、気が付くと3重婚してしまう。そのんため浄皇から破門にされ、魔女を追う度に出る。浄皇を敬愛しており、マザコン気味である。魔女に両親と村を焼かれており、魔女を恨んでいる。
多くの魔術書、異端書、禁書を多く読んでおり、魔女に対する防衛術を保持している。魔女についても詳しい。
浄皇(じょうこう)ヴァレンチナ
ニコラの育ての母。浄皇庁のトップ。エゼルバルドとウプスラを二人を妻にしたニコラに死刑を命じて、浄会から解放する。
バルテルミ
ニコラと同じクレド教の修道士。浄皇への指令を度々ニコラ一向に伝える。

魔女[編集]

ルリー
聖骸の魔女を狙い浄皇庁を襲った魔女。ニコラにエゼルバルドを復活させてるよう命令し、復活されるにことに成功するがエゼルバルドと仲違いしていまい対決し、殺害される。
アレッサンドラ
アレッサンドロという男性名で男装してニコラに近づいた魔女。12人の始まりの魔女を復活させ、浄皇庁をたたかようとするようニコラを脅すが。ウプスラを復活させた所男装がバレ、ニコラに味方されたため対峙するが、女神変身したウプスラに殺害される。

聖骸の魔女[編集]

エゼルバルド
ニコラの最初の嫁。浄皇庁「永期刑」と「処女刑」に服していた。ニコラと契約して妻となる。ニコラを「背」と呼ぶ。供犠は純潔の涙。嫉妬深く、ニコラが他の嫁を持つと怒りを露にする。
ウプスラ
ニコラの二番目の妻。エゼルバルドによると売れ残りのビッチ。ニコラを「嫁」と呼ぶ。供犠は背の血
アダンテ
一人だけ仲間の魔女を裏切り、刑期から逃げていた。多くの修道士を殺害しており、パパという契約者がいる。
ミュリッタ
ニコラの三番目の妻。引きこもり気味で、ぼっち。かまってちゃんと呼ばれることが多い。毒虫やカビの研究をしていた。ニコラを「旦那様」と呼ぶ。供犠は清心の汗
シービッカ
四番目に目覚めた始まりの魔女。ヤンキー資質で、口や態度が悪い。目覚めたばかりに夫が殺害されている。そのため夫の精が入った体液を持っている。供犠は猛きの精

作中用語[編集]

魔女
世に禍をもたらし、悪魔と契約した人間。浄皇庁と敵対している。「最初の魔女」のコピーか末裔である。不死であり、普通では殺せないが、「魔女印(スティグマ)」という悪魔と魔女の契約の証を呪文で浮かばせて破壊することで死亡する。
最初の魔女
最初に現れた12人の魔女。森の女神「ディアーナ」を崇めている。当初は人間と敵対しておらず、女神のように扱われた。供犠を捧げることで、強力な戦闘力を持つ、女神変身する。
クレド教
唯一神アラムを信仰して救世主ロサ・クレドを救世主とするこの世界で多く信仰されている宗教。クレド教の聖職者は生涯不犯が戒律とされている。

書誌情報[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]