聖書配布協力会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖書配布協力会(せいしょはいふきょうりょくかい)は、宮城県伊具郡丸森町にあるキリスト教系のボランティア団体。キリスト教布教活動をしているが宗教法人ではない。宮城県丸森町に本部を置き、集団生活をするコアメンバーを中心に、「神の御言葉」を世に伝える「伝道活動」を行う[1]

概要[編集]

1950年代に複数の日本人アメリカ人を中心とするキリスト者により設立された[2]プロテスタント福音派の系統の団体である。個々のキリスト者が互助的に活動するボランティア団体であり、法人格、会員制度等はない。海外にも伝道活動をしている。

活動は大きく分けて4つ。聖書を要約した冊子のポスティングと小中学校前での配布、プラカード拡声器街宣車による街宣、聖書から引用による言葉の看板の設置[1]

日本における活動内容[編集]

  • 小中学校、高校に聖書の分冊を無料で配布
  • 路傍でプラカードを立てて聖書のことばを放送(録音したものを流している)
  • 聖書の分冊を無料配布
  • 自動車による街宣(録音したものを流して回っている)
  • 個人伝道活動
  • 許可を取って看板を貼る(後述

※参考:日本における伝道活動

聖書分冊・小冊子の配布[編集]

マンガ・トラクト『神の犠牲』、『地獄の鍵』、『時は近い』、『終わりの時代』を配布し、インターネットにおいてPDFで公開している。ページ数は20程度で、サイズは7×約12cmの横長見開き。タイトルは『真理』、『地獄の鍵』、『創り主』、『世の終わりに』、『時は近い』など。また、巻末には、「この冊子は、心の乏しい現代社会において聖書に対する精神を養うことを目的としており、特定の宗教団体への勧誘や連絡・入信強制を目的とするものではない」と記され、特製聖書の申し込み用紙が付いていて、『コンサイス・バイブル福音』(320ページ、カラーさし絵141)を申し込めば無料で配布されると案内している[3]

看板[編集]

聖書の一節が白色(一部黄色)のゴシック体または楷書体で記された黒塗りのトタン製看板[4]を、日本各地の民家の、小屋や車庫などにシリコーン釘打機で貼り付けている。文言は以下の他に「神と和解せよ」「私生活も神は見ている」「神への態度を悔い改めよ」「キリストの血は罪を清める」「神は御子キリストを世につかわされた」などがある。

発案者のリチャード・ノーマンによると45年間で約35万枚の看板を作成したとのことである[5]

制作方法[編集]

新規取付[編集]
マルフクの看板とともに貼られる聖書配布協力会看板

前述の当協力会の4つの主な活動のうち、看板設置は全国で行われ、活動は都道府県単位で、20人ほどの活動隊がキャンピングカーに分乗し、何カ月もかけて一つの都道府県内を集中して回る。車種は日産キャラバンなどが使用されている。聖書の言葉がボディーに大書された「街宣仕様」では、目立ちすぎてやりにくいこともあり、目立たない無地の白色が使われている。ボディーには日野自動車エンブレムなどで知られる企業ロゴデザインの第一人者・飯守恪太郎によるロゴが使用され、スタイリッシュで、宗教活動にありがちな胡散臭さを感じさせない工夫がなされている。「看板部隊」のチームは2人1組。人が集まる"絶好のスポット"を探す。ルートは住宅地図を広げて見当を付けるが、真っすぐで広い道路は避ける。こうしたエリアは区画整理が進み、民家や商店の密集度が低いためである。交通量の多い幹線道路のほか、渋滞の迂回路となる県道や広域農道も狙い目となっている。ゆっくり走る車中から見てもらいやすいことがその理由。地方だと、コンビニ駐車場バス停から見える場所などが狙い目。雪国だと積雪を見越してできるだけ高い位置に貼る。道路沿いの建物に貼る際には、進行方向に沿った壁より、進行方向と正対するに貼る。クルマ社会の地方では、通勤でも買い物でも、住民は車で同じ道を行き来する。往復のどちらかで必ず、住民の視界に入る位置を狙う。設置に適した場所を見つけると、1人は前方に、もう一人は後方にめぼしい場所を探す。看板の掲示に適した建物や塀を見つけると、所有者に声をかけ、設置許可をもらうための交渉を行う。これが唯一にして最大の難関で、無断で貼ることはない。廃業した貸金業者「マルフク」の看板が貼られる廃屋などがターゲットで、マルフクの赤と白の看板は、目につきやすく宣伝効果のある場所に貼られていることが多く、設置の目安になるという。結果的にキリスト看板は、このマルフク看板と一緒に目にすることが多くなる。交渉時に地方では訛りが強く、交渉に難渋することもあるが、「ダメ」というニュアンスだけはすぐに分かるという[1]

宣伝効果や交渉の難易度から結果的に、古い家の庭先の離れや小屋、ブロック塀が設置先の定番となっている。特に、母屋や玄関から遠くにあるほうが「我が家の信条やメッセージと思われる」といった家主の懸念が小さくなるため、承諾率は高くなるという。記者が実際に看板の貼り替えに密着取材した取材では、2時間で15kmほどを走り、貼り替えが1枚、新規の設置が2枚。これぐらいが平均的なペースだという。食事はキャンピングカーで取り、食前の祈りを合図に、手作り惣菜をタッパーの白米にのせてかきこむ。 これは食器の洗い物を少なくするためで、このスタイルを彼らは「伝道メシ」と呼んでいる。日曜日は活動を休む。地元の教会に出向く人もいる[1]

新しく看板を貼ると、その地点を住宅地図に書き込み、貼った文言をチェックシートに記入する。近所で重複するのを避けたり、メンテナンスの時期を把握したりするためである。かつては自転車に看板を積み、狭い路地に分け入って貼って回っていた。当時は記録を残しておらず、同じ集落内で文言が重なっていることも多い。このため、先人の残した古い看板を更新しようにも、当てずっぽうに探し回るほかない[1]

貼り替え[編集]

つまり老朽化した看板の貼り替えなど、既設看板のメンテナンスも重要な活動である。キャラバンのリアゲートを開け荷室には、道具箱と看板の収納箱が据え付けられ、工務店と見まごう仕様である。剥がす看板と同じ大きさの新しい看板をいくつか見繕い、最終的には、どれがいいか家主に選ばせる。古い看板は、昔ながらのコンクリートボンドで貼られていて剥がれやすい。新しい看板は、耐久性に優れたシリコンボンドで貼り付けられる。四隅にインパクトドリルで釘ネジを打ち込み、ネジ頭が目立たないようにペン型塗料で黒く塗りつぶす。最後に、風雨に対する耐久性を高めるために、全面にアクリルスプレーを吹き付けてコーティングを行い貼り替え完了となる。これらの作業は、約数分間で終わる[1]

古い看板を貼り替えに交渉に行った際に多いのが、家主に断られた上で「もう剥がして帰ってほしい」と言われるパターンで、この依頼を引き受けるときりがないため、剥がすだけは断り、自身で剥がす分には構わないと答える。貼り替えたい看板の家主が不在であれば、勝手に貼り替えはせずに、汚れがひどい場合は、磨いて立ち去ることもある[1]

街宣[編集]

仙台市中心部(サンモール一番町商店街等)ではスピーカーによる街頭説教風のライブを頻繁に行っている。各地の七夕祭、稲荷祭、クリスマス以後の年末年始には、宮城県外の繁華街(新宿銀座秋葉原等)へ遠征し、「死後さばきにあう」「キリストの血は罪を清める」など前述の看板のようなプラカードや垂れ幕を持ち、説教の録音を、拡声器を使って流している。特に正月初詣の時期には、全国の有名神社・仏閣の付近で、初詣に向かう通行人に向けて録音CDを拡声器により繰り返し放送している。

教育[編集]

学校法人宮城明泉学園を通して教育施設(啓明宮城小学校および明泉幼稚園・高森明泉幼稚園)も運営しており、イエス・キリストの弟子を育てる目的を持つ[要出典]

評価[編集]

目に付かせるために用いる看板の配色や書体が少し不気味であったり、街宣や冊子が恐怖心や不安を煽り、やや高圧的で排他的と取られかねない内容のため、キリスト教への反感や偏見の原因になるなどの批判があり、彼らを非難するキリスト教関係者も存在する[6][7][8][9][10][11]。しかし建物の所有者からの許可なしに無断で看板を設置するということは無く、また貼り付け先の家主の要望によっては穏当な内容の看板を選ぶ場合もある[12]ものの、意思疎通のズレ(相手がその看板がネジによる固定であることを理解していないなど)からトラブルになる例もある[10]。また、別の家族が帰宅などしてはがされるケースも多い。

最近では同団体とはまったく関係のない他の宗教団体が自分達の布教活動のために彼らと同じように看板を貼って活動しているという情報も報告されている[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 北林慎也 - キリスト看板、貼られる瞬間を見た 聖書配布協力会の伝道活動に密着 あのマルフク看板が設置の目安だった”. withnews(朝日新聞社) (2019年11月19日). 2021年8月21日閲覧。
  2. ^ 聖書配布協力会--聖書配布協力会とは
  3. ^ 聖書配布協力会 もっと読む
  4. ^ ●キリスト看板の作り方
  5. ^ “日本中にある“キリスト看板”製作現場を東スポがマスコミ初取材”. 東京スポーツ. (2015年6月20日). http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/412057/ 2015年6月20日閲覧。 
  6. ^ 礼拝説教『敵を愛せ』日本基督教団富山鹿島町教会のサイト
  7. ^ Q&A 41 ~ 60上智大学
  8. ^ 年末の困った宣教 女子パウロ会ブログ「シスターのつぶやき」2006年12月30日
  9. ^ 街宣車。冬の風物詩・・・? 個人ブログ「太郎冠者の、タクシーな日々」
  10. ^ a b 日本基督教団富山二番町教会ホームページ
  11. ^ 「子供が学校帰りにキリスト教の小冊子をもらってきました。これ、何ですか?」
  12. ^ ○キリスト看板の掲示について
  13. ^ キリスト看板??”. カンちゃんの写真館. 2009年3月31日閲覧。

外部リンク[編集]