聖書配布協力会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖書配布協力会(せいしょはいふきょうりょくかい)は、宮城県伊具郡丸森町にあるキリスト教系のボランティア団体。キリスト教の布教活動をしているが宗教法人ではない。

概要[編集]

1950年代に複数の日本人アメリカ人を中心とするキリスト者により設立された[1]プロテスタント福音派の系統の団体である。個々のキリスト者が互助的に活動するボランティア団体であり、法人格、会員制度等はない。海外にも伝道活動をしている。

日本における活動内容[編集]

  • 小中学校、高校に聖書の分冊を無料で配布
  • 路傍でプラカードを立てて聖書のことばを放送(録音したものを流している)
  • 聖書の分冊を無料配布
  • 自動車による街宣(録音したものを流して回っている)
  • 個人伝道活動
  • 許可を取って看板を貼る(後述)

※参考:日本における伝道活動

聖書分冊・小冊子の配布[編集]

マンガ・トラクト『神の犠牲』、『地獄の鍵』、『時は近い』、『終わりの時代』を配布し、インターネットにおいてPDFで公開している。ページ数は20程度で、サイズは7×約12cmの横長見開き。タイトルは『真理』、『地獄の鍵』、『創り主』、『世の終わりに』、『時は近い』など。また、巻末には、「この冊子は、心の乏しい現代社会において聖書に対する精神を養うことを目的としており、特定の宗教団体への勧誘や連絡・入信強制を目的とするものではない」と記され、特製聖書の申し込み用紙が付いていて、『コンサイス・バイブル福音』(320ページ、カラーさし絵141)を申し込めば無料で配布されると案内している[2]

看板[編集]

聖書の一節を黄色や白に塗られたトタン板を黒塗りした看板を、日本各地の民家の、小屋や車庫などにシリコーンと釘打機で貼り付けている。文言は以下の他に「神と和解せよ」「私生活も神は見ている」「神への態度を悔い改めよ」「キリストの血は罪を清める」「神は御子キリストを世につかわされた」などがある。

発案者のリチャード・ノーマンによると45年間で約35万枚の看板を作成したとのことである [3]


街宣[編集]

仙台市中心部(サンモール一番町商店街等)ではスピーカーによる街頭説教風のライブを頻繁に行っている。各地の七夕祭、稲荷祭、クリスマス以後の年末年始には、宮城県外の繁華街(新宿銀座秋葉原等)へ遠征し、「死後さばきにあう」「キリストの血は罪を清める」など前述の看板のようなプラカードや垂れ幕を持ち、説教の録音を、拡声器を使って流している。特に正月初詣の時期には、全国の有名神社・仏閣の付近で、初詣に向かう通行人に向けて録音CDを拡声器により繰り返し放送している。

教育[編集]

学校法人宮城明泉学園を通して教育施設(啓明宮城小学校および明泉幼稚園・高森明泉幼稚園)も運営しており、イエス・キリストの弟子を育てる目的を持つ[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 聖書配布協力会--聖書配布協力会とは
  2. ^ 聖書配布協力会 もっと読む
  3. ^ “日本中にある“キリスト看板”製作現場を東スポがマスコミ初取材”. 東京スポーツ. (2015年6月20日). http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/412057/ 2015年6月20日閲覧。 

外部リンク[編集]