聖徳太子建立七大寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖徳太子を描いたとされる肖像画「唐本御影」。8世紀半ば頃。

聖徳太子建立七大寺(しょうとくたいしこんりゅうしちだいじ)または、聖徳太子建立七寺(しょうとくたいしこんりゅうななでら)は、聖徳太子建立の伝承のある七つの寺の総称。

寺院[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]