聖徳太子のお会式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

聖徳太子のお会式(しょうとくたいしのおえしき)は、法隆寺で催される聖徳太子命日法要であり、一般的には「法隆寺会式」「お太子さま」などと呼ばれて親しまれている。

概要[編集]

法隆寺では聖徳太子の(旧暦にあわせた)祥月命日にあたる3月22日24日お会式が行われる。とくに10年に1度行われる大法要(大会式)は「聖霊会」とよばれ、南都楽所雅楽にあわせて楽人が舞う舞楽が奉納される[1]

次第[編集]

歴史[編集]

天平20年(748年旧暦2月22日聖武天皇の勅許を得た行信僧都が、太子の命日に300名余りの僧徒の参列を得て法要(お会式)を行う。

安元2年(1121年)、東堂南端に太子像を安置し、聖霊院で行うようになる。

脚注[編集]

  1. ^ 四天王寺では毎年4月22日聖霊会が催され、日本三舞台の一つである石舞台で聖霊会の舞楽が披露されるが、法隆寺では例年は聖霊会は催されずお会式が行われる。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]