聖マリヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Saint Marinus
聖マリヌス
Pompeo batoni san marino risolleva la repubblica by stefano bolognini.JPG
聖マリヌスの絵画 (Stefano Bolognini , 1740年)
生誕 c. 275年
ローマ帝国ダルマティア属州アルバ島 (現・クロアチアラブ島)
死没 366年 (伝承)
ローマ帝国イタリアティターノ山 (現・ サンマリノ市)
崇敬する教派 カトリック教会 正教会[1]
主要聖地 サンマリノ大聖堂
記念日 9月3日
守護対象 サンマリノ
テンプレートを表示

聖マリヌス(ラテン語: Saint Marinus,[məˈrnəs]; イタリア語: San Marino)はキリスト教の聖人。彼の建てた教会や修道院を中心としたコミュニティが発展して、のちにサンマリノとなった。

概要[編集]

礼拝堂/修道院で作業をする聖マリヌス

伝承では、マリヌスはディオクレティアヌス帝のキリスト教徒迫害を逃れたアルバ島(現・クロアチアラブ島)出身の石工であった。リミニ司教のガウデンティウス (リミニ司教)英語版によって助祭に任ぜられる[2]。その後ダルマチアからマリヌスの妻を名乗る女性が現れ、マリヌスを誘惑するが失敗し、訴追したのでティターノ山に逃れ、教会を建てた[3]

サンマリノ政庁舎英語版にあるサンマリノの民衆の面前に天より降り立つ聖マリヌスの絵画

彼の死後、マリヌスは列聖され、サンマリノは修道院を中心に据える国家に発展した[2]301年9月3日にマリヌスがサンマリノの地に教会を創設したというが、この日は現在共和国創立記念日としてサンマリノの祝日となっている。 彼はローマ・カトリック東方正教会で聖人とされている。

聖マリヌスと彼の生涯について初めて文献が現れたのは10世紀であった[4] また、Acta Sanctorum英語版にも彼の生涯について編纂されている[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Orthodox Europe :: San Marino”. orthodoxengland.org.uk. 2021年8月1日閲覧。
  2. ^ a b Radovan Radovinovič, The Croatian Adriatic Tourist Guide, pg. 127, Zagreb (1999), 953-178-097-8
  3. ^ SANT’Oggi. Venerdì 3 settembre la chiesa celebra san Gregorio Magno, san Marino da Arbe e beato Andrea Dotti”. bassairpinia.it. 2021年9月3日閲覧。
  4. ^ Edwards, Adrian, and Chris Michaelides. San Marino. Vol. 188. Abc-Clio Incorporated, 1996, 19.
  5. ^ "The Republic of San Marino", William Miller, The American Historical Review, Vol. 6, No. 4 (July 1901), pages 633–649. Link to journal. Link to copy of paper.

外部リンク[編集]