聖デイヴィッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
聖デイヴィッド
Jesus Chapel St David.jpg
19世紀のステンドグラスに描かれた聖デイヴィッド(オックスフォード大学ジーザス・カレッジ付属礼拝堂)
生誕 500年
ペンブルックシャー、カイルバイ
死没 589年
ペンブルックシャーセント・デイビッズ
崇敬する教派 カトリック教会
聖公会
正教会
列聖日 1123年
列聖決定者 カリストゥス2世
主要聖地 セント・デイヴィッド大聖堂
記念日 3月1日
ウェールズの守護聖人、聖デイヴィッドの旗

聖デイヴィッド(せいデイヴィッド、英語: Saint Davidウェールズ語: Dewi Santラテン語: Davidus500年頃 - 589年頃)は、ウェールズの聖職者。ウェールズの守護聖人[1]カトリック教会聖公会正教会で聖人。祝日は3月1日で、セント・デイヴィッズ・デイ (Saint David's Day) と呼ばれてウェールズの祝日となっており、パレードが行われる(年によっては灰の水曜日と重ならないよう調整される)。芸術では、肩にをのせ、司教祭服を着た姿で描かれる。

イングランドの守護聖人ジョージスコットランドの守護聖人アンドルーとは違い、地元ウェールズ出身の守護聖人である。その前半生はよく知られていない。大部分が異教の世界であったウェールズ、コーンウォールブルターニュにおいて信徒定住地や教会を造り続けた。彼は司教座を立ち上げ、教会会議を2度開催し、エルサレムローマへ巡礼した。彼の菩提寺として中世を通して巡礼地となっていたセント・デイヴィッド大聖堂は、かつて彼がペンブロークシャーに建てた修道院の跡地に建てられた。彼は質素な生活と禁欲主義を実行し、信徒らにも菜食主義を説いた。デイヴィッド自身とウェールズの国花・国章となっているのは、リーキである。

当時としては非常に高齢まで生き(一説には100歳とも)、亡くなったときには彼の魂を迎えに天使を伴ったキリストが現れたという。1123年、ローマ教皇カリストゥス2世によって列聖された。

脚注[編集]

  1. ^ 『イギリス史 1 先史-中世』 青山吉信山川出版社〈世界歴史大系〉、1991年、146頁。ISBN 978-4-634-46010-2

関連項目[編集]