聖テミストクレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖テミストクレス(生年不明 - 251年ギリシア語: Άγιος Θεμιστοκλής, ロシア語: Святой Фемистоклей ,英語: Saint Themistokles)は正教会聖人日本正教会ではミラ・リキヤの聖致命者フェミストクレイと表記される(表記は教会スラヴ語転写に由来[1])。現代ギリシャ語から転写すればセミストクリスとなる。

テミストクレスは羊飼いであり、当時はローマ帝国領だったリュキア(現トルコ南西部)のミュラ(ミラ)付近に住んでいた。 キリスト教を組織的に弾圧したデキウス帝治下で致命殉教)した。

記憶日12月21日ユリウス暦を使用する教会ではグレゴリオ暦の1月3日に相当)。

脚注[編集]

  1. ^ 『正教会暦』日本ハリストス正教会教団発行

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]