聖タデウス修道院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
世界遺産 イランのアルメニア人修道院建造物群
イラン
イランのアルメニア人修道院建造物群を構成するタデウス修道院
イランのアルメニア人修道院建造物群を構成するタデウス修道院
英名 Armenian Monastic Ensembles of Iran
仏名 Ensembles monastiques arméniens de l'Iran
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(3),(6)
登録年 2008年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

聖タデウス修道院アルメニア語: Սուրբ Թադէոսի վանք アゼルバイジャン語:قره کیلسه ペルシャ語:قره‌کلیسا )とは、「黒の教会」とも呼ばれる古代アルメニア人修道院である。イラン北西部・西アーザルバーイジャーン州の町マクの西方20キロメートルに位置する[1][2]1997年に、UNESCOの世界遺産暫定リストに登録され、2008年の第32回世界遺産委員会において、「イランのアルメニア人修道院建造物群」を構成する1つとして、世界遺産に登録された。

概要[編集]

聖タデウス修道院は、2本の尖塔のあるタンブール(円柱)によって特徴付けられる重厚な印象を与える修道院である。修道院には、複数の聖堂が存在する。3つは、東側を流れる小川のほとりの丘の上にあり、もう1つは、修道院から南に3キロメートルほど離れた、バスタムへといたる道路上にあり、もう1つは、Ghara-Kilse村の協会として、現在も機能している[3]

十二使徒の一人である聖タダイ(タデウスとも呼ばれる)は、福音を広めているさなかに殉教した。タダイはアルメニア使徒教会によって崇敬されてきた(他のほとんどの教派においてもタダイは崇敬されている)。伝説では、聖タデウス修道院の創建は68年に遡るとされる。

1319年、この地域において大地震が起こったため、1329年に再建された。とはいえ、聖餐台の周りには10世紀からの遺構も残っている。

現在残る修道院の多くがガージャール朝時代の王子アッバース・ミールザー19世紀初頭に修復を行ったものである。19世紀の修復作業においては、砂岩を切り刻むことにより実施された。黒の教会の名前の由来は、最初期の建築に用いられた石の色が黒色だったことから、トルコ語で黒の教会を意味する「Kara Kilise」から来ている。

世界遺産登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Index of Armenian Art: Armenian Architecture
  2. ^ Jude: A Pilgrimage to the Saint of Last Resort By Liz Trotta
  3. ^ Thadeus Monastery at Armenica

外部リンク[編集]


座標: 北緯39度05分32秒 東経44度32分40秒 / 北緯39.09222度 東経44.54444度 / 39.09222; 44.54444