聖クリスティーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

聖クリスティーナラテン語:Sancta Christina)は、カトリック教会正教会聖人で、3世紀末頃の殉教者。祝日は7月24日射手、粉屋、船員、ボルセーナパレルモトルチェッロ守護聖人。 棕櫚、いしゆみ、2本の矢、石臼、蛇、やっとこなどと共に描かれる。

概要[編集]

クリスティーナはイタリアのテュルス(ボルセーナ)の生まれで、両親は貴族であった。 11歳の頃、父親は彼女を12人の侍女と共に塔の中に閉じ込め、生涯神々に仕えさせようとした。 しかし彼女は聖霊に教えられてキリスト教徒になり、金や銀の神像を壊し、貧しい人々に施した。 父は侍女に彼女の服を脱がさせ、12人の男達に殴らせた。 それでも娘は信仰を変えなかったので、その肉を釘で裂かせ、手足を折らせた。 彼女は自分の肉片を父の顔に投げつけ罵った。 父は娘を車輪に縛り付けて火をつけさせたが、炎は横に走り1500人ほどの人々が焼け死んだ。 また首に石臼をくくりつけて湖に投げ込んだが、すぐに天使達が彼女の身体を沈まないようにした。 そしてキリストが現われ彼女に洗礼を授け、大天使ミカエルが陸地に導いた。 その晩父は急死した。

裁判官はクリスティーナを裸にしてアポロ[要曖昧さ回避]の神像の前に引いていったが、彼女が命じると神像は粉々に砕けた。 これを聞いた裁判官は仰天し息絶えた。 後任の裁判官は大きな炉に彼女を投げ込ませたが、火傷ひとつせず天使達と共に散歩したり歌ったりしていた。 次に毒蛇を彼女に仕向けたが蛇は彼女に懐き、巫術師が蛇をけしかける呪文を唱えると、蛇は彼に飛び掛り噛み殺した。 クリスティーナが命じると蛇は荒野に去った。また彼女は巫術師を蘇らせた。 裁判官は彼女の乳房と舌を切り取らせたが、それでも彼女は話すことができた。 彼女が自分の舌を裁判官の顔に投げつけると、彼は目が見えなくなった。 逆上した彼が放った2本の矢を受け、クリスティーナは殉教した。

彼女の遺体はカタコンベに葬られ、11世紀その上にサンタ・クリスティーナ教会が建てられた。

参考文献[編集]