老後の資金がありません

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
老後の資金がありません
著者 垣谷美雨
発行日 (単行本)2015年9月25日
(文庫本)2018年3月23日
発行元 中央公論新社
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 (単行本)四六判
(文庫本)文庫判
ページ数 (単行本)300
(文庫本)320
コード ISBN 978-4-12-004765-7
ISBN 978-4-12-206557-4文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

老後の資金がありません』(ろうごのしきんがありません)は、垣谷美雨による日本小説、およびそれを原作とするメディアミックス作品2015年9月25日中央公論新社から刊行[1]され、のちに2018年3月23日に文庫化[2]された。

概要[編集]

普通の主婦が老後を豊かに過ごそうと思っていた矢先に、オレオレ詐欺、住宅ローン、息子の結婚、夫のリストラ、それに姑との同居など様々な金難に襲われながらも懸命に奮闘する姿を描く[1][2]

あらすじ[編集]

後藤篤子は、夫と二人の子どもがいる一般的な主婦。節約をモットーとしており、コツコツと老後の生活資金を貯めてきた。

そんなある日、舅が他界。葬儀費用400万円近くを負担することになり、一気に貯金が目減りして気落ちしている最中、パートの契約が更新されずクビを言い渡されて愕然とする。追い打ちをかけるように、派手婚を望む娘の結婚式の費用もやりくりしなければいけなくなり頭を抱える。夫の勤務先が倒産して失業。茫然自失のなか、浪費癖のある高級志向の姑と同居することになった。

書誌情報[編集]

映画[編集]

老後の資金がありません!
監督 前田哲
脚本 斉藤ひろし
原作 垣谷美雨
『老後の資金がありません』
製作 平野隆
岡田有正
下田淳行
出演者 天海祐希
松重豊
新川優愛
瀬戸利樹
加藤諒
柴田理恵
石井正則
若村麻由美
友近
クリス松村
高橋メアリージュン
佐々木健介
北斗晶
荻原博子
竜雷太
藤田弓子
哀川翔
毒蝮三太夫
三谷幸喜
草笛光子
音楽 富貴晴美
主題歌 氷川きよし「Happy!」
制作会社 ツインズジャパン
製作会社 映画『老後の資金がありません!』製作委員会
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 2021年10月30日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

老後の資金がありません!』(ろうごのしきんがありません!)のタイトルで、2021年10月30日に公開[注釈 1][4][5] 。監督は前田哲、主演は長編映画で19年ぶりの単独主演となる天海祐希[3]

キャスト[編集]

後藤篤子〈53〉
演 - 天海祐希
主人公。老後に備えて生活資金をコツコツと貯えてきたが、家計に無頓着な夫、結婚資金の援助を当たり前のように無心する娘、舅の葬儀代、未だ浪費癖の抜けない姑に振り回され、出費は嵩むばかりで気苦労が絶えない。家電量販店でパート勤務をしながら生計を支えていたが、契約を更新されず失業してしまう。
後藤章〈56〉
演 - 松重豊[6]
篤子の夫。お金に疎く自分たちの老後の資金となる預貯金額も把握していなかったが、退職金で何とかなるだろうと高を括っていた。しかし、定年間近という年齢になって会社が倒産、失業に陥っている。見栄っ張りな面がある。
後藤まゆみ〈25〉
演 - 新川優愛[6]
後藤家の長女。ヘヴィメタルバンドでバンドマンをしている恋人・琢磨を突然連れてきて両親に紹介、結婚を宣言。挙式・披露宴は派手婚を望んでおり、その費用の援助を申し入れる。
後藤勇人〈23〉
演 - 瀬戸利樹[6]
後藤家の長男。大学生。考えが浅く自由奔放な姉の我儘に困惑する母をさりげなくフォローするしっかり者。
松平琢磨〈30〉
演 - 加藤諒[6]
まゆみの恋人。ヘヴィメタルのバンドに所属。V系を意識したハードな衣装とヘアスタイルで決めている。
神田サツキ〈51〉
演 - 柴田理恵[6]
篤子の友人。脱サラした夫とパン屋を開業している。
桜井志津子〈52〉
演 - 若村麻由美[6]
章の妹。インテリ主婦。両親にかかる費用負担について正論を振りかざして篤子と対立。
桜井秀典〈51〉
演 - 石井正則[6]
志津子の夫。篤子と志津子の対立に参戦する高給取りのインテリ夫。
本間
演 - 友近[6]
篤子の舅の葬儀を請け負った葬儀社のベテラン社員。
城ヶ崎君彦
演 - クリス松村[6]
篤子が通っているヨガ教室の講師。ユニセックスな雰囲気を纏うセレブ。
レイナ
演 - 高橋メアリージュン[6]
シェアハウスに住むシングルマザーのキャバ嬢。
松平金造〈60〉
演 - 佐々木健介[6]
琢磨の父。宇都宮で餃子チェーン店を展開している。地元では有名な実業家。
松平美和〈58〉
演 - 北斗晶[6]
琢磨の母。貧しかった頃から夫と支え合って事業を拡大し、成功を収めた。
荻原博子(経済ジャーナリスト)
演 - 荻原博子 ※本人役[6]
老後資金に関する著書も多く、雑誌でコラムを多数連載。テレビなどでコメンテーターとしても活動する経済ジャーナリスト。
後藤太平〈75〉
演 - 竜雷太[6]
篤子の父。西伊豆でスイカ農家を営んでいた。75歳にしてサーファーに転身。妻と悠々自適な老後を満喫している。
後藤波子〈72〉
演 - 藤田弓子[6]
篤子の母。夫と共にサーフィンをはじめた。大らかで天真爛漫な性格。
大泉健三〈85〉
演 - 毒蝮三太夫[6]
サツキの父。偏屈な性格でサツキを困らせることがしばしばある。
天馬
演 - 哀川翔[6]
章と同じ大学の出身で会社の元同期。独立して起業し、社長を務めている。天馬に対して章は羨望とも嫉妬ともとれる複雑な思いを抱いてしまう。
森口
演 - 三谷幸喜[6]
区役所に勤務。
後藤芳乃〈80〉
演 - 草笛光子[6]
章の母。老舗和菓子屋に嫁ぎ、不自由なく裕福な生活を送ってきた。店を畳んでからも浪費癖が抜けない上に高級志向。貯金はほぼ無いに等しいが、知人らには大判振る舞いをしたがる。芳乃自身は至って悪気はないため、その天然っぷりに篤子は頭を抱える。

スタッフ(映画)[編集]

舞台[編集]

喜劇 老後の資金がありません』(きげき ろうごのしきんがありません)のタイトルで、2021年8月13日から8月26日まで新橋演舞場で上演された[8]

キャスト(舞台)[編集]

スタッフ(舞台)[編集]

  • 原作:垣谷美雨『老後の資金がありません』(中公文庫)
  • 脚色・演出:マギー

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は2020年9月18日公開予定[3]だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で公開が延期されていた[4][5]

出典[編集]

外部リンク[編集]