習仲勲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
習仲勲
Xi Zhongxun.jpg
習仲勲
プロフィール
出生: (1913-10-15) 1913年10月15日
死去: (2002-05-24) 2002年5月24日(88歳没)
出身地: 中華民国の旗 中華民国(北京政府)陝西省富平県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 習仲勳
簡体字 习仲勋
拼音 Xí Zhòngxūn
和名表記: しゅう ちゅうくん
発音転記: シー チョンシュン
テンプレートを表示

習仲勲(しゅう ちゅうくん、シー・チョンシュン、1913年10月15日 - 2002年5月24日)は中華人民共和国の政治家。八大元老の一人で中国共産党の第7期中央候補委員、第8期中央委員、第12期中央政治局委員などを歴任。現中国共産党中央委員会総書記中華人民共和国主席である習近平の父。

経歴[編集]

習仲勲と息子の習近平・習遠平兄弟(1958年)

1928年中国共産党入党。日中戦争期間中は陝西省甘粛省など中国西北部高崗らとともに革命根拠地を作り、陝甘辺ソビエト政府主席や西北野戦軍副政治委員を務めるなど、長期にわたり西北部の党、政、軍の工作の中心人物となり、後の陝西幇の地盤を築いた。1949年11月30日、中共中央軍事委員会の決定により、第1野戦軍と西北軍区が統合され、中国人民解放軍第1野戦軍兼西北軍区に改称された時、彭徳懐が司令員、習仲勲が政治委員となった。

1949年10月の中華人民共和国成立後は、1952年に党中央宣伝部長に任命。1953年9月18日、政務院秘書長に任命され、1954年9月27日に国務院に改組されると、引き続き国務院秘書長を務めた[1]。1959年4月28日には国務院副総理兼秘書長に昇格[1][2]。その間、1945年の第7回党大会で中央委員会候補委員、1956年9月の第8回党大会で党中央委員となる[3]

文化大革命期[編集]

しかし、1962年8月の第8期10中全会予備会議で反党小説劉志丹事件が粛清された高崗の名誉回復を企むものと攻撃され、9月の第8期10中全会では毛沢東からも批判され、康生を主任とする審査委員会が発足、半年後に西北反党集団として党内外の全職務を解任された。この事件は文化大革命の先駆けとなり、 その後、文革も終了して毛沢東が死去してから2年後の1978年まで、16年間も拘束されるなど残酷な迫害を受けた。

復活後[編集]

1978年4月には広東省党委員会第4回大会で省委第二書記として復活し、同年12月には第一書記に昇格[4]。翌1979年12月の広東省第5期人民代表大会第2回会議の決定により広東省長を兼任[5]。1980年には広州軍区第一政務委員となり、広東省の党、政、軍の中心人物となった。文化大革命以前に広東省書記だった趙紫陽同様、香港への密航者が後を絶たないことに衝撃を受け、広東省の改革開放を進め、党中央工作会議で税制面で経済特区構想を提起した。深圳市は1980年5月に正式に経済特区として承認された。

1978年12月の第11期3中全会で名誉回復し、中央委員に選出される[6]

1980年9月10日には全人代常務委員会副委員長に任ぜられ[7]、1981年6月10日より法制委員会主任を兼任[8]。1981年6月の第11期6中全会で中央書記処書記となり[9]、中央書記処の日常業務を担当。1982年9月12日の第12期1中全会で党中央政治局委員に選出され、書記処書記に再選出された[10]

1988年4月8日、第7期全人代常務委員会副委員長[11]。1993年退任。

2002年5月24日、北京で病死。八宝山革命公墓中国語版に埋葬された。2007年、出身地の陝西省富平県に当時陝西省党書記だった趙楽際によって改葬のための古代の皇帝陵並みの巨大な陵墓が建設された[12]。この墓には記念館が併設され、面積は約7千平方メートル。専用道路と駐車場を含めると2万平方メートルを超えるという[13]。書籍の発刊や記念切手も発行されるなど息子・習近平によって父・習仲勲への個人崇拝も強められているとされる[14]

その他[編集]

少数民族に理解がある人物だったとされ、チベットダライ・ラマ14世と親交が深く、腕時計を贈られた[15]内モンゴル自治区の指導者であるウランフとも中国西北部でともに活動した時代から非常に親密な仲であり、モンゴル族民族衣装であるデールを着てウランフと握手する姿も記念写真に残ってる[16]

中国で散逸し、1990年代に日本皇室関係者経由で写本を手に入れた群書治要の研究を命じて後に刊行される『群書治要考訳』の題字を揮毫しており[17]、2015年に新年の辞を述べた習近平の執務室の書棚に映って注目された[18]

中国共産党の元老(万里死後は最長老)でキングメーカーともされる宋平と密接な関係を持ち、宋平は胡錦涛の後継者に習近平が指名される際の後ろ盾にもなったとされる[19]

北朝鮮金日成金正日親子と交流があり[20][21]、金正日の息子である金正恩が最高指導者就任後初の外遊で訪中した際は習近平から1983年に後継者内定後初の外遊で訪中した金正日と父親の習仲勲の所縁が引き合いに出されて宴会では毛沢東周恩来鄧小平江沢民、胡錦涛ら中国の歴代指導者とともに習仲勲が金親子と触れ合う映像が映し出された[22]

家族[編集]

  • 前妻 郝明珠 (1935年結婚、後に離婚)
    • 長女 習和平 - 文革中に自殺
    • 次女 習干平(郝平)
    • 長男 習正寧(習富平) - 海南省政法委書記(1998年病死)

脚注[編集]

  1. ^ a b 歴任国務院主要領導人名単 (中国語)
  2. ^ 中華人民共和国主席令(二届第2号) (中国語)
  3. ^ 中国共産党中央委員会(第七届~第十六届) (中国語)
  4. ^ 1978年 中国重要日誌」(アジア動向データベース)
  5. ^ 1979年 中国重要日誌」(アジア動向データベース)
  6. ^ 中国共産党第十一届中央委員会第三次全体会議公報 (中国語)
  7. ^ 中華人民共和国全国人民代表大会公告(五届三次) (中国語)
  8. ^ 全国人民代表大会常務委員会関于接受彭真辞去兼任法制委員会主任職務的請求和任命習仲勲兼任法制委員会主任的决定 (中国語)
  9. ^ 中国共産党第十一届中央委員会第六次全体会議公報 (中国語)
  10. ^ 第十二届中央委員会第一次全体会議公報(第一号) (中国語)
  11. ^ 中華人民共和国全国人民代表大会公告(七届一次第2号) (中国語)
  12. ^ “墓を造った男の大出世 きついなまりが出世レースではプラスに?”. 産経ニュース. (2017年11月20日). https://www.sankei.com/world/news/171110/wor1711100022-n1.html 2018年4月12日閲覧。 
  13. ^ “習近平氏の父、習仲勲生誕100年で記念事業続々 歴史の皮肉…陵墓は陳情村に”. 産経ニュース. (2013年11月2日). https://www.sankei.com/world/news/131102/wor1311020039-n1.html 2018年4月12日閲覧。 
  14. ^ “習主席 父の威光で基盤固め 書籍、切手…仲勲氏礼賛キャンペーン (1/3ページ)”. フジサンケイ ビジネスアイ. (2013年10月22日). http://www.sankeibiz.jp/express/news/131022/exd1310220000000-n1.htm 2018年4月10日閲覧。 
  15. ^ “オバマ大統領がこのタイミングでダライ・ラマ14世と会談した理由”. (2014年2月24日). http://news.kyokasho.biz/archives/22590 2014年10月23日閲覧。 
  16. ^ “揭秘内蒙古自治区创立者:与习仲勋“感情很深””. 新浪. (2001年8月8日). http://news.sina.com.cn/c/nd/2017-08-08/doc-ifyitamv7081149.shtml 2018年5月7日閲覧。 
  17. ^ 中国の支配者・習近平が引用する奇妙な古典”. ジセダイ (2015年4月23日). 2018年3月10日閲覧。
  18. ^ 習近平の父が守った伝統文化の価値”. アゴラ (2017年11月4日). 2018年3月10日閲覧。
  19. ^ 内幕:胡锦涛和习近平接班都是宋平指定的”. 新唐人電視台 (2015年8月11日). 2018年4月10日閲覧。
  20. ^ 【コラム】朴槿恵外交の大乱大治(1)”. 中央日報 (2013年5月31日). 2018年4月10日閲覧。
  21. ^ 金正恩委員長、習主席に「中国を先に訪問したのは当然…崇高な義務」”. 中央日報 (2018年3月28日). 2018年4月10日閲覧。
  22. ^ 金正恩秘密访华细节曝光 与习同看习仲勋专题片”. 倍可亲 (2018年3月29日). 2018年4月10日閲覧。

関連文献[編集]

石川禎浩「小説『劉志丹』事件の歴史的背景」石川禎浩(編) 『中国社会主義文化の研究』 京都大学人文科学研究所、2010年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
韋国清
広東省党委書記
1978年11月 - 1980年11月
次代:
任仲夷
先代:
韋国清
広東省長
1978年11月 - 1980年11月
次代:
劉田夫
先代:
陸定一
中国共産党中央宣伝部
1952年9月 - 1954年7月
次代:
陸定一
先代:
李維漢
中華人民共和国国務院秘書長
1959年4月 - 1962年10月
次代:
周栄鑫