習仲勲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
習仲勲
Xi Zhongxun.jpg
習仲勲
プロフィール
出生: (1913-10-15) 1913年10月15日
死去: (2002-05-24) 2002年5月24日(満88歳没)
出身地: 中華民国の旗 中華民国陝西省富平県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 習仲勳
簡体字 习仲勋
拼音 Xí Zhòngxūn
和名表記: しゅう ちゅうくん
発音転記: シー チョンシュン
テンプレートを表示

習仲勲(しゅう ちゅうくん、シー・チョンシュン、1913年10月15日 - 2002年5月24日)は中華人民共和国の政治家。八大元老の一人。現中国共産党中央委員会総書記中華人民共和国主席である習近平の父。

経歴[編集]

習仲勲と息子の習近平・習遠平兄弟(1958年)

1928年中国共産党入党。日中戦争期間中は陝西省甘粛省など西北地区で革命根拠地を作るなど、長期にわたり西北地区の党、政、軍の工作の中心人物となった。1949年11月30日、中共中央軍事委員会の決定により、第1野戦軍と西北軍区が統合され、中国人民解放軍第1野戦軍兼西北軍区に改称された時、彭徳懐が司令員、習仲勲が政治委員となった。

1949年10月の中華人民共和国成立後は、1952年に党中央宣伝部長に任命。1953年9月18日、政務院秘書長に任命され、1954年9月27日に国務院に改組されると、引き続き国務院秘書長を務めた[1]。1959年4月28日には国務院副総理兼秘書長に昇格[1][2]。その間、1945年の第7回党大会で中央委員会候補委員、1956年9月の第8回党大会で党中央委員となる[3]

文化大革命期[編集]

しかし、1962年9月の第8期10中全会で反党小説劉志丹事件が持ち上がり、康生を主任とする審査委員会が発足、半年後に反党集団として党内外の全職務を解任された。この事件は文化大革命の先駆けとなり、 その後、文化大革命終了2年後の1978年まで、16年間も拘束されるなど残酷な迫害を受けた。

復活後[編集]

1978年4月には広東省党委員会第4回大会で省委第二書記として復活し、同年12月には第一書記に昇格[4]。翌1979年12月の広東省第5期人民代表大会第2回会議の決定により広東省長を兼任[5]。1980年には広州軍区第一政務委員となり、広東省の党、政、軍の中心人物となった。文化大革命以前に広東省書記だった趙紫陽同様、香港への密航者が後を絶たないことに衝撃を受け、広東省の経済発展を進め党中央工作会議で税制面で経済特区構想を提起した。深圳市は1980年5月に正式に経済特区として承認された。

1978年12月の第11期3中全会で名誉回復し、中央委員に選出される[6]

1980年9月10日には全人代常務委員会副委員長に任ぜられ[7]、1981年6月10日より法制委員会主任を兼任[8]。1981年6月の第11期6中全会で中央書記処書記となり[9]、中央書記処の日常業務を担当。1982年9月12日の第12期1中全会で党中央政治局委員に選出され、書記処書記に再選出された[10]

1988年4月8日、第7期全人代常務委員会副委員長[11]。1993年退任。

2002年5月24日、北京で病死。八宝山革命公墓中国語版に埋葬。後に出身地の陝西省富平県に陵墓が建設され埋葬された[12]

中国共産党第7期中央候補委員、第8期中央委員。第12期中央政治局委員。

その他[編集]

ダライ・ラマ14世とも親交が深く、腕時計を贈られた[13]

家族[編集]

  • 前妻 郝明珠 (1935年結婚、後に離婚)
    • 長女 習和平 - 文革中に自殺
    • 次女 習干平(郝平)
    • 長男 習正寧(習富平) - 海南省政法委書記(1998年病死)

脚注[編集]

  1. ^ a b 歴任国務院主要領導人名単 (中国語)
  2. ^ 中華人民共和国主席令(二届第2号) (中国語)
  3. ^ 中国共産党中央委員会(第七届~第十六届) (中国語)
  4. ^ 1978年 中国重要日誌」(アジア動向データベース)
  5. ^ 1979年 中国重要日誌」(アジア動向データベース)
  6. ^ 中国共産党第十一届中央委員会第三次全体会議公報 (中国語)
  7. ^ 中華人民共和国全国人民代表大会公告(五届三次) (中国語)
  8. ^ 全国人民代表大会常務委員会関于接受彭真辞去兼任法制委員会主任職務的請求和任命習仲勲兼任法制委員会主任的决定 (中国語)
  9. ^ 中国共産党第十一届中央委員会第六次全体会議公報 (中国語)
  10. ^ 第十二届中央委員会第一次全体会議公報(第一号) (中国語)
  11. ^ 中華人民共和国全国人民代表大会公告(七届一次第2号) (中国語)
  12. ^ 習近平氏の父、習仲勲生誕100年で記念事業続々 歴史の皮肉…陵墓は陳情村に」 『MSN産経ニュース』 2013年11月2日
  13. ^ “オバマ大統領がこのタイミングでダライ・ラマ14世と会談した理由”. (2014年2月24日). http://news.kyokasho.biz/archives/22590 2014年10月23日閲覧。 

関連文献[編集]

石川禎浩「小説『劉志丹』事件の歴史的背景」石川禎浩(編) 『中国社会主義文化の研究』 京都大学人文科学研究所、2010年。

外部リンク[編集]


先代:
韋国清
広東省党委書記
1978年11月 - 1980年11月
次代:
任仲夷
先代:
韋国清
広東省長
1978年11月 - 1980年11月
次代:
劉田夫
先代:
陸定一
中国共産党中央宣伝部
1952年9月 - 1954年7月
次代:
陸定一
先代:
李維漢
中華人民共和国国務院秘書長
1959年4月 - 1962年10月
次代:
周栄鑫