翁長助裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

翁長 助裕(おなが すけひろ、1936年昭和11年)3月14日 - 2011年平成23年)1月15日)は、日本の政治家、地方公務員。沖縄県副知事沖縄県議会議員。

略歴[編集]

1936年(昭和11年)3月14日、沖縄県那覇市古島に生まれる。1959年(昭和34年)に法政大学法学部政治学科を卒業、1962年(昭和37年)に法政大学大学院社会学研究科政治学専攻修士課程を修了し、琉球政府計画局に入る。

1972年(昭和47年)に沖縄県議会議員(2期)に当選し、1977年(昭和52年)に新自由クラブ沖縄県連代表に就任し、1979年(昭和54年)の衆議院沖縄県全県区に新自由クラブ公認で出馬するが落選する。1980年(昭和55年)に沖縄県教育委員(2期)、1984年(昭和59年)から教育委員長(3期)を務める。

1987年(昭和62年)に沖縄県出納長1988年(昭和63年)に沖縄県副知事に就任する。副知事退任後は、沖縄県知事選挙に立候補するも現職大田昌秀に敗れる。その後、那覇空港ビルディング会長、沖縄県環境科学センター会長、国際ビル産業会長などを歴任した。

2011年(平成23年)1月15日に死去、74歳。

人物[編集]

沖縄県の振興開発や教育行政の向上に尽くした。真和志市長、立法院議員などを務めた翁長助静は実父、那覇市長、沖縄県知事を務めた翁長雄志は実弟。

著書[編集]

  • 『私の沖縄政治論-自治の確立をめざして』(新星図書出版、1981年)

参考[編集]

外部リンク[編集]