羽賀亮平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
羽賀亮平
基本情報
国籍 日本の旗 日本
所属 日本電産サンキョー
誕生日 (1988-09-17) 1988年9月17日(30歳)
出身地 北海道帯広市
身長 175cm
体重 75kg

羽賀 亮平(はが りょうへい、1988年9月17日 - )は、日本のスピードスケート選手。バンクーバーオリンピック日本代表

経歴[編集]

北海道帯広市出身。両親もスピードスケート選手であり、自身は6歳の時にスケートを始めた。[1]帯広市立第八中学校白樺学園高等学校日本大学を経て現在日本電産サンキョー所属。小学校時代に所属していた陸上競技クラブには福島千里がいた。[2]中学時代から短距離種目で好成績を残し、特にインカレでは史上3人目の500m4連覇を達成、1000mでも3連覇した。[2]日本大学在学中の2009年にワールドカップにデビュー。現在までの総合の最高成績は2009/10シーズンの500m11位である。2010年のバンクーバーオリンピックでは1000mに出場したが29位に終わった。同年全日本スプリント選手権で初優勝。2012年にも同選手権で優勝し、世界スプリント選手権では1日目に500mで全体2位の好タイムを出した。[3]世界選手権では2010年の世界スプリント選手権で総合10位となったのが最高である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]