羽田八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
羽田八幡宮
Le Sanctuaire Shintô Hada-Hachiman-gû - Le haiden (La construction du culte).jpg
拝殿
所在地 愛知県豊橋市花田町斎藤54
位置 北緯34度45分56.597秒
東経137度22分34.595秒
座標: 北緯34度45分56.597秒 東経137度22分34.595秒
主祭神 応神天皇神功皇后
社格 郷社
創建 (伝)文武天皇2年(698年
本殿の様式 神明造
例祭 10月の第三日曜日
テンプレートを表示
道祖神像

羽田八幡宮(はだはちまんぐう)は、愛知県豊橋市にある八幡宮である。社格は旧郷社

祭神[編集]

歴史[編集]

社伝によれば、文武天皇2年(698年)に地域住民により創建したと伝わる。その後、正応2年(1289年)に神社自体を移転し、正徳2年(1712年)に現在地に社殿を移転したといわれている。

なお、天正の頃に織田信長が出兵の際、太鼓を寄付したとされる太鼓が現存している。また徳川幕府第1代征夷大将軍徳川家康も参拝したと伝わり、現存する社殿昭和8年(1933年)に建築された物である。

幕末から明治初期にかけての神職・羽田野敬雄は国学者として知られ、嘉永元年(1848年)「羽田八幡宮文庫」を開設した。

文化財[編集]

  • 国の登録有形文化財
    • 羽田八幡宮社務所離れ(旧羽田野家住宅主屋)[1]
    • 羽田八幡宮蔵(旧羽田八幡宮文庫)[1]
    • 羽田八幡宮門(旧羽田八幡宮文庫正門)[1]

所在地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]