羽地内海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
羽地内海。左が本部半島、右が屋我地島。嵐山展望台より撮影。

羽地内海(はねじないかい)は、沖縄本島本部半島屋我地島とで囲まれた海域である。「沖縄の瀬戸内海」「沖縄の松島」と呼ばれることもある[1][2][3]

名称[編集]

羽地内海という命名は第二次世界大戦後のものとされ、1923年大正12年)陸地測量部発行の5万分の1地形図では、羽地内海全体が勘手納港と表示されている[4]

別称として屋我地内海(やがじないかい)ということもある[1]

区域[編集]

羽地内海の区域は、南北約4km、東西約6kmで[4]、面積は約10km2である[1]東シナ海とは羽地内海の北側と東側でつながっている。水深は最大10mである[1]。内海には佐我屋島、ヤガンナ島、ジャルマ島などの無人島がある[1]

羽地内海の北側で羽地内海と東シナ海とをつなぐのは「ワルミ海峡」である。「ワルミ」とは「割れ目」の意味であり[5]、ワルミ海峡は、その名のとおり細長い海峡である。その長さは約1.5km、その幅は150 - 180m、海峡両岸(本部半島と屋我地島)の標高は45 - 50mである[4]。この海峡にはワルミ大橋がかかっている。この海峡はワルミ水路運天水道ともいう[6][7]

羽地内海の東側では、沖縄島と奧武島との間ならびに奥武島と屋我地島との間で羽地内海と東シナ海とがつながっている。沖縄島と奥武島との間には羽地奥武橋がかかっており、奥武島と屋我地島との間には屋我地大橋がかかっている。

羽地内海とワルミ海峡は運天港の区域の一部となっている[8]。荒天時には、羽地内海は避難泊地となる。

沿岸[編集]

羽地内海の沿岸は沖縄県名護市今帰仁村である。沿岸には干潟が発達している[1]。また、南岸では真喜屋大川、羽地大川、我部祖河川などの河川が羽地内海に注いでいる[1]

南岸にはかつて勘手納港(カンティーナンナトゥ)と呼ばれた港があった[1]。ここは、琉球王国薩摩藩に上納する仕上世米の積出港の一つであった[1]。現在は、仲尾次漁港が立地している[1]

羽地内海北岸の今帰仁村湧川、名護市我部にはかつて塩田があった[1]

自然・交通[編集]

羽地内海は沖縄海岸国定公園の区域となっている[4]。また1000haが特別鳥獣保護区に、3700haが鳥獣保護区に指定されている[4]。沿岸の干潟には多数の鳥が飛来する[4]

内海ではクロダイハマフエフキダイアシチンキスボラガザミなどが釣れ、干潟では貝が取れる[1]

羽地内海の水は、大規模な土地改良事業により流出した赤土や沿岸の豚舎から排出される汚水で汚染されたことがある[1]

嵐山展望台や多野岳山頂から羽地内海を見渡すことができる[4]

道路交通上、ワルミ大橋が開通したことで、羽地内海の沿岸を車で一周できるようになった。そのルートの一例として、仲尾次から国道58号沖縄県道110号線沖縄県道248号屋我地仲宗根線国道505号を利用して仲尾次に戻る事が可能となった。

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 角川日本地名大辞典47 沖縄県』(角川書店、1986年)p. 581
  2. ^ 『沖繩大百科事典』(沖縄タイムス社、1983年)下巻p. 242
  3. ^ 羽地内海の自然を守り育む会 - 沖縄エコツーリズム推進協議会
  4. ^ a b c d e f g 日本歴史地名大系第48巻 沖縄県の地名』(平凡社、2002年)p. 440
  5. ^ 島ネタCHOSA班「ワルミ」「ウンビ」って何だろう?」『週刊レキオウェブサイト』(週刊レキオ社、2009年3月5日)
  6. ^ 沖縄県制作のパンフレット
  7. ^ 『沖繩大百科事典』(沖縄タイムス社、1983年)上巻p. 337
  8. ^ 港則法施行令第1条

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯26度38分30秒 東経128度01分00秒 / 北緯26.64167度 東経128.01667度 / 26.64167; 128.01667