羽伏浦海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
羽伏浦海岸。

羽伏浦海岸(はぶしうらかいがん)は、伊豆諸島新島の東側にある海岸である。白い砂浜と海が延々と続く様は新東京百景に指定されている。同海岸の南に白ママ断層がある。

データ[ソースを編集]

白ママ断層[ソースを編集]

羽伏浦海岸の南に位置する。「白ママ」の「ママ」とは、日本の古語・方言で、土手等の崩れを意味する[1]。火山灰層が海による食で露出した真っ白な断崖絶壁である[2]。高さは30-250メートル、長さは約7キロメートルある。

サーフスポットとしての概況[ソースを編集]

  • サーフィンボディボードの適地でもあり、ビーチブレイクのポイントとしてはワールドクラス。世界チャンピオンを決めるツアーに使用されたり、日本国内のトッププロを決める大会が開かれたりしている。2007年にも全日本の大会などが開かれた。毎年8月下旬には東京都知事杯が開催されている。
  • 黒潮が直にぶつかるため、海岸の至る所にポイントが立つ。
  • 島嶼なため、太平洋をクルーズしてきた波がパワーを損なわないままブレイクし、チューブを巻くことが多くある。台風の時などサイズがあがれば、スタンディングのままチューブインすることも可能。また、波にパワーがあるため、コシ - ハラ程度のサイズでも長く乗って楽しむことが出来る。
  • サーフポイントとしては「羽伏浦正面」「ヘリ下」「シークレット」等がある。
  • 海底がリーフではなく砂のため、初心者でも大きな怪我(打撲はあろうが)することなく安全に楽しむことができる。
  • 昔はここで「瀬つかし」と呼ばれる子供の遊びがあった[3]。ちょうどサーフィンとボディボードの中間のような遊びで、伝馬船の踏板や機械船のさし板を無断借用して土用波に乗った。中には板無しの「無手つかし」(今でいうボディサーフィン)を行う熟練者もいたという。
  • 羽伏浦正面にある常設のライフガード待機所の海側にはウェブライブカメラが設置されており、リアルタイムで羽伏浦の様子をモニタすることができる。⇒ #外部リンク
  • サーフポイントの「シークレット」は、白ママ断層の下を30分トレイルした先に存在する[4]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ まま大辞林第二版、三省堂goo国語辞書、2009年12月18日閲覧。
  2. ^ 新島マップ、新島観光協会、2009年12月18日閲覧。
  3. ^ 『新島の四方山話と子供の遊び』、山崎直之、東京都新島本村、1995年、p.93-97.
  4. ^ 『SURFTRIP journal』Vol.54、枻出版社、2008年 ISBN 4777910008, p.58.

外部リンク[ソースを編集]