義守大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
義守大学
義守大學校徽.jpg
校訓 務実と創新
学校種別 私立大学
設立年 1986年
学長 蕭介夫
副学長 林麗娟、李樑堅
創始者 林義守
学生数 16,373人(2016)
所在地  台湾中華民国
高雄市大樹区学城路一段1号

北緯22度43分33秒 東経120度24分23.6秒 / 北緯22.72583度 東経120.406556度 / 22.72583; 120.406556座標: 北緯22度43分33秒 東経120度24分23.6秒 / 北緯22.72583度 東経120.406556度 / 22.72583; 120.406556
キャンパス

観音山第一キャンパス
高雄市大樹区

医学部キャンパス
高雄市燕巣区
ウェブサイト 公式サイト
テンプレートを表示

義守大学(ぎしゅだいがく、英語: I-Shou University、公用語表記: 義守大學)台湾高雄市大樹区学城路1段1號に本部を置く中華民国私立大学である。義联集団(E United Group)の創始者の林義守によって1986年に建校された「高雄工学院」が前身。中華民国の教育部の大学令によって1997年義守大学に改称された。義守大学建学の精神は「務実と創新」である。現在の学長は蕭介夫博士である。

義守大学には電気情報学部理工学部管理学部、コミュニケーションデザイン学部、国際学部ホスピタリティ・ツーリズム学部言語学部、医学部、原住民族学部の9学部、42学科(学士修得後の外国人留学生のために開講される医学部特別クラスを含む。)、19の修士課程、7つの博士課程、4つの原住民族特別クラス、加えて19の夜間部学部社会人を対象とした12の修士コース、2つの2年間の専門コースを有する総合大学である。

義守大学メインキャンパスの入口ゲート

義守大学は2014年にはアメリカ国家発明協会に世界100上位の学術機構と創新の卓越の大学と選ばれました。

2015年にはイギリスの『ザ・タイムズ・ハイアー・エデュケーション・サプリメント』によって、2015年より2016年にかけて、世界の大学の800上位校のランキングに入りました。そして、産業と学術との連携の項目について、世界の大学の344番目の位を占めております。

義守大学の管理学部と国際学部とホスピタリティ・ツーリズム学部と共に国際商業管理教育の認定(AACSB)をとりました。台湾の大学の中でその認定をとった14番目の大学です。そして、世界中で唯一管理学部と国際学部とホスピタリティ・ツーリズム学部と共に、同時に国際商業管理教育の認定(AACSB)をとった大学です。

義守大学は2016年6月にはイギリスの『ザ・タイムズ・ハイアー・エデュケーション・サプリメント』によって、アジアの大学の200上位校のランキングに入りました。

義守大学キャンパス屋外劇場
International House II

歴史[編集]

  • 1986年:高雄工學院創立
  • 1990年:大学部の学生募集。
  • 1997年:大学令により認可、義守大学に改称。
  • 1999年:燕巢キャンパスを開設。
  • 2006年:燕巢キャンパスを設置。
  • 2009年英語で授業をする国際学院を設置。
  • 2010年:「学士修得後の漢方医学学科」の学生募集
  • 2011年:メディア・デザイン学部とホスピタリティ・ツーリズム学部を設置。
  • 2012年:「観光餐旅原住民族特別クラス」、「メディア・デザイン原住民族特別クラス」を設置。
  • 2013年:「学士修得後の外国人留学生のために開講される医学部特別クラス」、「看護原住民族特別クラス」を設置。2013年8月1日に医学院を設立。
  • 2014年:燕巢キャンパスを医学院キャンパスに改称。
  • 2015年:「医学院長期看護原住民族特別クラス」の学生募集。
  • 2016年:「原住民族学部」を設置。
  • 2017年:「医学検査技術学科」を設置。

歴代学長[編集]

任期 氏名
1990年-2011年 傅勝利 博士
2011年-2012年 洪萬隆 博士(代理)
2012年-現在 蕭介夫 博士

学部[編集]

電機情報学部は、若いエンジンニアの育成を念頭に、電気、情報、科学技術などへ領域を徐々に広げ、積極的に研究を進めています。現在、1、機械学習と進化的計算、2、智能型情報システム、3、企業電子化、4、映像情報処理と分析、5、高速インターネット、6、光電、7、先進通信ネット技術など七つの特色研究領域に分かれています。
教育面では、「知識と技術の融合」を目標とし、学生の実務能力を強化しています。業界の専門家を招聘し、専門知識と技術の教育を行い、広範囲に渡る専門的な教育を目指します。そして即戦力となる学生を育て、就職のための競争力を向上させます。
また学生の革新的な発想を大切にし、彼らの競争力を育てます。教師も創意工夫に富んだ講義を行い、想像力豊かな学生を育てます。講義で示されるアイデアは、将来起業を志す学生にとっても参考になることでしょう。


理工学部は様々な分野でのエンジニアの育成を目標としています。基礎科目はもちろん、学術的および応用的な科目も充実させ、学生には研究及び学習に真摯に取り組むよう促します。包括的なカリキュラム、特色のあるプログラムを設け、学生をより高いレベルへと導きます。「環境エンジニアリング」、「電子回路パッケージング」、「ナノテクノロジー」、「環境技術」、「3Dプリントの整理再編技術」、「鋼鉄」、「レジャー・ホスピタリティ管理企画及び管理」など様々な分野の学部学科と提携し、連携授業を行い、学生を多方面から刺激し、彼らの能力を向上させ、就職の際の競争力を高めます。また理論と実践を重んじ、学術および職業倫理を兼ね備えた国際感覚に富んだ理工系の人材を育成することが教育目標です。将来の職場で生かせる能力もしくは大学院への進学する場合はそこで生かせる研究能力を本学部で培えるよう、学生と教員が一丸となって日々努力しています。


管理学部には工業管理学科、企業管理学科、財務金融学科、会計学科、國際ビジネス学科、公共政策及び管理学科という六つの学科があります。本学部には学部、夜間部、修士課程、社会人修士課程、博士課程があり、一般の学生と社会人に対し学術と実践という二面性を持った講義を行います。
2012年、本学部の国際管理修士課程(IMBA)が教育部から「極力推薦」という最高の評価を得ました。2016年2月、国際商業及び管理(AACSB)認証を取得し、全世界トップ5%に入る商業管理学部となりました。


メディア・デザイン学部は世界的に見ても珍しく、台湾国内では一つしかありません。本学部はマスコミュニーケーション学科、プロダクトデザイン学科、映画・映像学科、デジタルデザイン学科を統合する特殊な学部です。本学部には学部、夜間部、修士課程があります。本学部に所属する学科はすべて高等教育評価認定評議会から高い評価と認定を受けています。
本学部は「知識と実践」、「 統合性教学の推進」、「密接な産学合作」と「地域との連携」など4つの特色があります。積極的に産官学協力計画または研究計画を申請し、「南方文化と創意産業連盟」を設立し、異業種交流の発展と人材の育成を目指しています。


2009年に国際学部は設立されました。現在、国際企業経営学科、国際財務金融学科、国際観光学科、エンターテイメントマネジメント学科があります。高品質のカリキュラムと最先端の設備を備えていることもあり、2016年に国際認証AACSBを取得しました。現在国際学部の学生数は約700人です。その中で海外からの留学生が1/3を占めています。また外国人教師も約30人おり、すべて名門校の博士号を有しています。
本学部では、20か国からの教師と学生から成り立っており、様々な文化が混在した国際的な学習環境を生み出しています。


2011年にホスピタリティ・ツーリズム学部は設立されました。現在、観光学科、レジャーマネジメント学科、ホスピタリティ・ツーリズムマネジメント学科、調理学科があります。本学部では最先端の設備を揃えた教室あり、その他の設備も整っており、良質な学習環境と言えましょう。授業では理論と実践の融合を重視します。半年の実習も行います。実習で学生の経験を豊かにし、就職するための実力を培います。
本学部は国際認証AACSBを取得しました。国際感覚を養うことも念頭にしたカリキュラムになっています。本学部は継続して人材育成する教育理念と実学を重視という目標に基づき、国内外の観光事業のために専門的な人材を育てています。


言語学部は2011年に設立され、応用英語学科、応用日本語学科、語学センターがあります。現在、学生数は約1000人で、専任教師と非常勤講師は約70人います。教師の専門領域は言語学、教学、翻訳・通訳など多岐に渡ります。本学部の教学設備は非常に整っており、専用のパソコン教室、日本文化・英語教室、視聴覚教室、同時通訳教室、図書閲覧室、メディアセンターなどがあります。各学科のカリキュラムもバラエティに富んでいます。英語学科の授業は基本的に全て英語で行われます。また実業界の専門家を招いての講義もあり、実践的なことを学ぶ機会も多くあります。産学連携と就職応援プロジェクトなどを通じて、学生に実習の機会を提供し、社会で必要とされる専門的な人材を育成します。


現在、医学部には12学科があります。原住民特别クラス、生物医学工程学科(修士課程含む)、医務管理学科(修士課程含む)、看護師学科(修士課程、二年制社会人コース含む)、物理療法学科、理学療法学科、栄養学科、健康管理学科(夜間部含む)、学士習得後の漢方医学学科(修士課程含む)、学士習得後の医学学科、医学部長期介護原住民族特別クラス、医学検査技術学科です。現在医学学科を設立するために、積極的に取り組んでいます。


原住民族学部が設立されたのは2011年で、前身は原住民族発展センターでした。2012年からコミュニケーション・デザイン学科、ホスピタリティ・ツーリズム学科、看護学科と医学部長期介護学科など4つの学科が設立されました。原住民族出身の専門的な人材を育成するために、2013年「Pulimaオリジナル工房」を成立し、原住民族の文化創意人材育成プログラムも始めました。各学科で連携し、教師同士で協力し合い、原住民族文化をベースとしたカリキュラムを作り、2016年2月から原住民族発展センターを原住民族学部に変更しました。この原住民族学部は台湾でも2校しかなく、台湾西部では唯一の学部です。このような改革を重ね、原住民族出身の人材の育成を継続し、原住民族の社会や文化の発展に貢献していきます。


国際交流[編集]

本校は、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、アジア諸国、中国の多くの大学および高校と協定を結んでいます。その中の大部分の大学とは交換留学協定も結んでおり、大学間で学生同士の行き来があります。本校の学生はこの制度を利用し半年もしくは一年間の交換留学が可能ですし、その他にも夏季休暇中の短期研修もあります。さらに特定の大学とはダブル・ディグリー協定を結んでおり、学位を取得することもできます。
現在、海外の協定校は513校あります。内訳は、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアに45校、日本と韓国に24校、中国に164校、香港とマカオに207校(高校を含む)、それ以外のアジア諸国に72校あります。

海外姉妹校について、次のサイトをご参照ください。 http://www2.isu.edu.tw/interface/showpage.php?dept_mno=29100&dept_id=0&page_id=5949

実績[編集]

  • イギリスの『ザ・タイムズ・ハイアー・エデュケーション・サプリメント』によって、アジアの大学の200上位校のランキングに入りました。
  • 大学のマネージメント教育を審査した国際的な審査機関の「AACSB」が行った審査に義守大学は世界トップ5%のランキングに入った。
  • イギリスのTimes Higher Educationで600~800のランキングに入った。特に産業と大学の連携について、世界で344位を占めた。
  • 2014年にアメリカ発明特許の領域で世界のTOP100の学術の機構のランキングに入った。
  • 2014年に世界大学のランキングの994位を占めた。つまり前4.6%に入った。
  • 2014年本校のビリヤードクラブが全国大学ビリヤード大会の団体戦で優勝をした。
  • 2014年に春季スローピッチソフトボール大会で本校のチームが一般組でチャンピオンをした。
  • 2013年に本校の教養教育センターとすべての学院は教育部が行った2回目の審査を受けた結果、全部通過した。そして、全国で1位を占めた。
  • 本校のバスケットボールチームはUBA(全国大学バスケットボール試合の大会)に26間参加した。そして、2013年に台湾の南にある大学で初めて決定戦に入ったチームだった。
  • 2013年に未来事件取引所が行った「2013年一番良いマネージメント教育審査」という調査で、本校は全国の8位を、私立大学の3位を占めた。
  • 2012年から6年間続けて教育部から「教学卓越計画」の補助金が出た。台湾の南部における総合大学の1位を占めた。
  • 2012年に世界大学のWebometricsのランキングで、台湾で33位、台湾の私立大学で12位、アジアで241位、世界で1,111位を占めた。
  • 2011年に「104応募会社」に行った調査の結果によると台湾の企業は一番採用したい私立大学を出身した卒業生は義守大学の学生だ。そして、台湾の南にある私立大学の中で義守大学の卒業生の就職率は一位を占めた。
  • 2011年に国家科学の委員会が行った大学生の卒業論文の計画案で義守大学の卒業生の合格率は私立大学で2位を占めた。そして、2012年に3位を占めた。
  • 2011年に産業と大学の連携計画で通過した件数は私立大学で9件を占めた。そして、件数が増えていたのは1位を占めた。
  • 2009年に労働委員会にもらった就職の訓練の補助金の金額は全国で3位を占めた。
  • 2009年に教育部の「学科を超えた人材培育計画」での件数は全国で2位、私立大学で1位を占めた。
  • 2008年に「11回全国大学ギター音楽試合」で本校のギタークラブが栄誉賞をした。
  • 2008年~2012年の間に経済部の知恵財産局が発表した台湾法人(企業や学校などを含める。)の発明特許の申し込み件数は、2008年に全国で49位、2009年に29位、台湾の私立大学で1位、2011から2012年にかけて2年連続発明特許公表件数は100トップ大学ランキングに入った。2012年には全国47位、私立大学で一位を占めた。
  • 本校サッカーチームが2010年に全国大学サッカー試合でチャンピオンをした。

優秀な卒業生[編集]

  • 第1回 2010年
    • 学術実績: 国立高雄海洋科技大学海事学院院長 呉佳璋
    • サービス実績:高雄県地方稅務局局長 辛純浩
  • 第2回 2011年
    • サービス実績: 慈陽科技会長 蔡圖晉
  • 第3回 2012年
    • サービス実績: 高雄市立三民高校校長 鄭文宗
  • 第4回 2013年
    • サービス実績: 高雄市議會事務総長 徐隆盛
  • 第5回 2014年
    • 学術実績:国立成功大学材料学科教授 洪飛義
    • 特別な貢献:三和製粉(株)会社会長 李文淮
  • 第6回 2015年
    • サービスの実績:高雄市高英工商校長 陳德松 及び 高雄国軍病院主治医師 薛肇文
  • 第7回 2016年
    • サービスの実績:中華日光運輸株式会社会長 王冠懿 及び 安泰証券株式会社部長 許瑞立
  • 第8回 2017年
    • サービスの実績:空軍航空技術学院校長 陳篤敢 及び 帝佑實境國際株式会社会長 劉清平

キャンパスの案内[編集]

  • 医学部キャンパス
    • 2006年に、医学部と医学関係の学科が、高雄市の燕巢区に開設された。付属教育病院「義大醫院」が隣接している。
    • 医学部キャンパスの所在地:
      • 82445高雄市燕巢区義大路8号

キャンパスの美しさ[編集]

外部リンク[編集]