群馬県道239号四万温泉線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
群馬県道239号標識
群馬県道239号四万温泉線
制定年 1976年 群馬県認定
起点 吾妻郡中之条町四万(四万温泉)
終点 吾妻郡中之条町四万
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0353.svg国道353号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

群馬県道239号四万温泉線(ぐんまけんどう 239ごう しまおんせんせん)は、群馬県吾妻郡中之条町四万温泉から国道353号までを結ぶ県道である。

概要[編集]

鎌倉時代より知られる名湯、四万温泉郷中程にある県道で、四万温泉の新湯地区から四万川の流れに沿って下り、国道353号交点までの延長約1.0 kmの道路である。道路は四万川の右岸側(西側)にあり、対岸の旧四万街道と対となる位置にある。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1959年昭和34年)9月18日:群馬県より現・道路法に基づき、前身路線にあたる県道中之条四万線(吾妻郡中之条町 - 同郡同町大字四万、整理番号13)が路線廃止される[1]
  • 1976年(昭和51年)10月12日:群馬県より、県道四万温泉線(吾妻郡中之条町大字四万(四万温泉 - 一般国道353号交点)、整理番号329)として路線認定される[2]

路線状況[編集]

終点側の国道353号交点から月見橋(四万川に架かる橋梁)までの2車線区間を除き、路線の大部分が1.5車線の道路で制限速度30km/h規制となっている。路線バスも通行し、萩橋の近くには路面に「バスすれ違い場所」と書かれた僅かに幅員が一部広い区間がある。

道路施設[編集]

  • 萩橋(はぎばし)
    • 四万川と新湯川の合流点にある新湯川に架かる橋。

地理[編集]

四万川の流れの渕に沿って、山裾との僅かな土地を道路が走っており、四万郵便局のある中間部は商店街の通りとなる。終点付近で国道353号に接続するため上り坂になる。

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

  • 四万温泉
    • 河原の湯共同浴場
    • 塩之湯飲泉所
    • 中之条町営露天風呂(山口露天風呂)
  • 四万グランドホテル
  • 積善館本館(群馬県指定重要文化財 - 1691年(元禄4年)建築の日本最古ともいわれる湯宿)
  • 四万郵便局
  • 四万温泉協会

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 昭和34年群馬県告示第325号 県道路線廃止に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 15–24、群馬県立図書館所蔵)
  2. ^ 昭和51年群馬県告示第669号 県道の路線認定(群馬県報第5576号、1976年10月12日、pp. 11–12、群馬県立図書館所蔵)

関連項目[編集]