群馬県立医療短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
群馬県立医療短期大学
大学設置 1993年
創立 1970年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 公立
設置者 群馬県
本部所在地 群馬県前橋市上沖町323-1
学部 看護学科
診療放射線学科
研究科 地域看護学専攻
テンプレートを表示

群馬県立医療短期大学(ぐんまけんりついりょうたんきだいがく、英語: Gunma Prefectural College of Health Science)は、群馬県前橋市上沖町323-1に本部を置いていた日本公立大学である。1993年に設置。大学の略称はG・C・H・S[1]。。学生募集は2004年度まで。2005年度より群馬県立県民健康科学大学を新設したため、短期大学は学生募集を停止し、2008年3月31日廃止[2]

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

学風および特色[編集]

  • 群馬県立医療短期大学は、心豊かな人間性を備えた医療技術者の育成を目的に設立された[3]

沿革[編集]

  • 1970年 群馬県立福祉大学校(保健婦学科・放射線学科)を設置。
  • 1972年 群馬県立福祉大学校に看護学科を設置。
  • 1993年 群馬県立医療短期大学開学。それに伴い、群馬県立福祉大学校放射線学科および看護学科の生徒募集を停止。
    • 看護学科:在学者数119(うち男子13)[4]
    • 診療放射線学科:在学者数35(うち男子11)[4]
  • 1996年 専攻科地域看護学専攻を設置。それに伴い、群馬県立福祉大学校保健婦学科が廃止され、群馬県立福祉大学校自体が廃止となる。
  • 2004年 最後の募集となる。翌年度より群馬県立県民健康科学大学へ移行。
  • 2008年3月31日廃止[2]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 群馬県前橋市上沖町323-1

象徴[編集]

  • 群馬県立医療短期大学のカレッジマークは、群馬県の頭文字である「G」を基本に、平和の象徴であるハトの横顔を想起させるとともに、県内を流れる利根川の清流を表現したものが中央に描かれたものとなっていた[3]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 看護学科
  • 診療放射線学科

専攻科と別科[編集]

取得資格について[編集]

受験資格

附属機関[編集]

  • 図書館:1995年度より県内に在住・在勤または在学する18歳以上の人々を対象に一般開放していた。40,000冊以上の所蔵があった[3]

研究[編集]

  • 『群馬県立医療短期大学紀要』あり。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 群馬県立医療短期大学の学園祭は「桃の木祭」と呼ばれ、概ね11月において2日間にかけて行われていた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

学生食堂[編集]

  • 群馬県立医療短期大学の学生食堂(学食)は、180席程度確保されていた[3]

[編集]

  • 群馬県立医療短期大学には学生寮がなく、民間のアパートやマンションなどを利用することになっていた[3]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Gunma Prefectural College of Health Sciencesの頭文字をとる。
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』246頁より。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 2002年度用入学案内冊子より。
  4. ^ a b 平成6年度版『全国学校総覧』51頁より。
  5. ^ 2002年度および2003年度受験用冊子が群馬県立図書館にある。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]