群馬大学医療技術短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
群馬大学医療技術短期大学部
大学設置 1978年
創立 1944年
廃止 2000年
学校種別 国立
本部所在地 群馬県前橋市昭和町3-39-15
学部 看護学科
衛生技術学科
理学療法学科
作業療法学科
研究科 助産学特別専攻
テンプレートを表示

群馬大学医療技術短期大学部(ぐんまだいがくいりょうぎじゅつたんきだいがくぶ、英語: College of Medical Care and Technology, Gumma University[1])は、群馬県前橋市昭和町3-39-15に本部を置いていた日本国立大学である。1978年に設置され、2000年に廃止された。大学の略称は群大医短。学生募集は1996年度最終。1997年度より群馬大学医学部保健学科を設置。それに伴い短期大学は学生募集を停止。2000年3月31日付けで正式廃止[2]

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 群馬大学医療技術短期大学部は1978年、群馬大学医学部に併設された日本国立短期大学。当初は 1 学科体制だったが、順次学科が増設され、最終的には 4 学科体制となった。

教育および研究[編集]

  • 群馬大学医療技術短期大学部は医療技術者の養成に力をいれ、群馬大学医学部附属病院での臨床実習も取りいれられていた。

学風および特色[編集]

  • 群馬大学医療技術短期大学部は旧来の医学部附属看護学校・同附属衛生検査技師学校・同附属助産婦学校を順次発展改組して成立した。

入学試験について[編集]

沿革[編集]

  • 1944年 前橋医学専門学校に看護婦養成所が置かれる。
  • 1949年 群馬大学医学部附属病院女子厚生部となる。
  • 1951年 群馬大学医学部附属看護学校に改組。
  • 1965年 同附属助産婦学校が設置される。
  • 1966年 同附属衛生検査技師学校が置かれる。
  • 1972年 同附属衛生検査技師学校が同附属臨床検査技師学校に変更。
  • 1978年 群馬大学医学部附属看護学校を発展改組して群馬大学医療技術短期大学部看護学科を置く:在学者数68(うち1)[4]
  • 1979年 同附属臨床検査技師学校を発展改組して衛生技術学科を置く(在学者数:男4、36[5])。
  • 1982年 同附属助産婦学校を発展改組して専攻科助産学特別専攻を設置。
  • 1984年 学科が増設される。
  • 1996年度をもって学生募集を終了する[3]。翌年度より群馬大学医学部保健学科へ移行。
  • 2000年3月31日付けで正式廃止[2]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 群馬県前橋市昭和町3-39-15

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 看護学科
  • 衛生技術学科
  • 理学療法学科
  • 作業療法学科:アメリカシアトルパシフィック大学との姉妹校提携により、医学研修やセミナーなどにより国際交流を行っていた[9][10]

専攻科[編集]

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

受験資格

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 群馬大学医療技術短期大学部には同窓会組織があり、『群馬大学医療技術短期大学部同窓会誌』が発行された。

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 設備:群馬大学昭和キャンパス内に短大独自の校舎が設置されていた。同短大の卒業生から贈呈された藤棚があり、その下で昼食を摂る学生も多かった[9][11]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 1988年度より一般市民講座が開始された。看護に関する講座を「Aコース」、臨床検査に関する講座を「Bコース」と称していた。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 概ね、専門職に就いている人が多い。群馬大学医学部附属病院ほか各種医療機関や社会福祉施設など多岐にわたっていた。

編入学・進学実績[編集]

  • 群馬県立医療短期大学及び群馬大学医療技術短期大学部専攻科ほか。募集終了前における看護学科では卒業生の3割程度が進学を希望していた。

短期大学関連書物[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ -Independent Learning and Evaluation on the Course of Occupational Therapy for Psychosocial Dysfunction with Achievement Self-Evaluation of Educational Objectives-より
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』240頁より。
  3. ^ a b 短大蛍雪 1995年9月臨時増刊号』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ)75頁より。
  4. ^ 昭和54年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)32頁より。
  5. ^ 昭和55年度版『総覧』32頁より。
  6. ^ a b 昭和60年度版『総覧』34頁に記載はあるが、データ表示なし。
  7. ^ 昭和61年度版『総覧』39頁によると、1985年5月1日時点での学生数は、男26、女12となっている。
  8. ^ 昭和61年度版『総覧』40頁によると、1985年5月1日時点での学生数は、男15、女22となっている。
  9. ^ a b 『群馬大学50年のあゆみ』より。
  10. ^ 同書p137より。
  11. ^ 同書p136より。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]