群像新人長編小説賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

群像新人長編小説賞(ぐんぞうしんじんちょうへんしょうせつしょう)は、講談社が刊行する文芸誌『群像』が、1978年に設け、1982年まで続いた公募新人文学賞。『群像』主催の賞には他に、群像新人文学賞がある。

応募規定[編集]

  • 年1回発表。
  • 400字詰め原稿用紙に換算して250枚以上600枚以内の長編小説が対象。
  • 受賞者には賞金として30万円が授与され、受賞作は選評と合わせて『群像』12月号に掲載。

当選作一覧[編集]

選考委員[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]