群れなせ!シートン学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
群れなせ!シートン学園
ジャンル 動物学園ラブコメディ少年漫画
漫画
作者 山下文吾
出版社 講談社小学館
掲載サイト サイコミ
レーベル サイコミ
サイコミ×裏サンデー
発表期間 2016年5月8日 -
巻数 既刊6巻(2018年11月30日現在)
アニメ
原作 山下文吾
監督 博史池畠
シリーズ構成 村越繁
キャラクターデザイン 佐々木政勝
音楽 山下洋介、加藤裕介、川崎智哉
アニメーション制作 Studio五組
製作 アニメ「群れなせ!シートン学園」
製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2020年1月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

群れなせ!シートン学園』(むれなせシートンがくえん)は、山下文吾による日本漫画。2016年5月よりCygamesのウェブコミックサービス「サイコミ」にて連載中。2017年7月からは講談社より単行本が発売された。

あらすじ[編集]

様々な動物が共に生活する私立シートン学園。その生徒である動物達は同種で群れを作るなか、学園内でも数が最も少ない人間ホモ・サピエンス)・間様 人(マザマ ジン)は肩身の狭い高校生活を余儀なくされていた。あくる日の昼休み、ひょんなことからオオカミ・大狼ランカに気に入られてしまい、紆余曲折の末にランカと群れに入り、行動を共にすることになる。最初はふたりだけだったランカの群れは、ジンが想いを寄せる人間・牝野ヒトミを半ば巻き込む形ながらも「料理部」として形を変え、やがてコアラ・子守ユカリやナマケモノ・獣生ミユビ、ネコ・猫米クルミ、パンダ・苺苺といった様々な動物が加わり、学園内でも珍しい群れとして注目を集めるようになる。

作風と世界観[編集]

登場キャラクターの設定[編集]

本作に登場する動物達は基本的に哺乳類に限定して擬人化されており、通常は二足歩行での生活を送っているが、メスはほぼ人間の女の子のように描かれ、モデルとなった動物の特徴が表れるのは髪や耳、尻尾程度なのに対して、オスは頭部や手足、体格に至るまでモデルの動物そのままに描かれるという視覚的な差別化がなされている。動物特有の生態や種族間の関係(草食獣は肉食獣に接近されると怯える、ネコはネズミの天敵、など)も基本的にそのままキャラクターの設定に盛り込まれている。

シートン学園[編集]

動物達(多くは哺乳類)が通う全寮制私立学校。幼年部から高等部まで存在し、本作の舞台は主に高等部となる。教員はティラノサウルスをはじめとする「教竜(恐竜)」やアノマロカリスなどの古生代から中生代にかけて生息していた動物が担っていることが多い。シー学園という海棲哺乳類が多く通う分校があり、そちらは機能性を重視するため水着制服となっている。

部活動[編集]

生徒たちは基本的に同種族で群れ(=友達グループ)を作り行動を共にするほか、その群れで部活動を立ち上げて課外活動に勤しんでいる。部活動は所属する動物の生態や特徴を活かしたものとなっており、園芸部(イノシシの群れ)、美術部(ゾウの群れ)、曲芸部(アシカの群れ)、陸上部(インパラの群れ)、ボクシング部(カンガルーの群れ)などが登場する。

登場キャラクター[編集]

声はアニメ版における声優である。

料理部[編集]

間様 人(まざま じん)/ ジン
声 - 石谷春貴[1][2]山根綺(少年時代)
動物嫌いな人間の主人公。嫌ってやまない動物に囲まれ辟易する学園生活の中でランカと出会い、次第にその生活は変わり始めてゆく。なお、動物嫌いにもかかわらず、なぜシートン学園に入学したのかは、作中での経緯の描写がないため不明。
他の動物たちを「ケダモノ」「クソ○○(種族名)」呼ばわりするなど常に見下した態度をとっているが、一方で動物に関する膨大な知識を持ちあわせており、口では嫌がりながらも動物たちの悩みを解決に導いたり、フォローしたりするなど心優しい一面も持ち合わせている。学業や料理もそつなくこなし、トラブルの際には司令塔として指揮を執り、料理部の裏ボス的なポジションとなっている。『動物の弱点』『犬のしつけ』『動物に襲われたら』といった動物についての本を読んでいることが多く、クマよけスプレーや柑橘類などの各種動物撃退グッズを常に持ち歩いている。
3歳の頃は動物好きだったが、ランカを庇った結果として動物嫌いへと変貌した過去があるものの、ランカのことは普段はぞんざいに扱いながらも、名前で呼ぶなど特折憎からず思っている一面を垣間見せている。本人の自意識的にはクラスメイトで同じ人間であるヒトミに一途な想いを寄せており、彼女に対してはとことん誠実かつ真摯、甘々となる。動物達を排除し、ヒトミとふたりきりの学園生活を送ることを常日頃理想としているものの、料理部メンバーにはそれなりに情が移ってきている。そのほかにも、動物への辛辣な言動によってドMであるメイメイに好意を寄せられたり、メリが困っていたところをぶっきらぼうながら助けたことで恋心を抱かれたり、種族個々の生態や身体的特徴を頭から否定せず、長所についてはきちんと認める一面が災いしてユビルやボノといったオスの動物にまで好意を寄せられ、本人の意図しないところで動物達から慕われている状況となっている。
大狼 ランカ(おおかみ ランカ)/ ランカ
声 - 木野日菜[1][2]
非常に小柄なオオカミのヒロイン。ジンに惚れ込み、彼を生涯のパートナーと見なして行動を共にするようになる。
小さいころにクマにいじめられた際、人間の子供(=ジン)に助けられたことで「オオカミ以外の動物とも仲良くなれる」と信じており、他の動物たちとも一緒に大きな群れを作り、その中のボスになることを夢見ている。オオカミ流の挨拶として群れの仲間の口を舐めまくる(通称「ペロペロ」)のが日常風景であり、ジンにはことあるごとに「ペロペロ」しようと飛びかかってはいなされるのが日常風景となっている。料理部の部長の座をヒトミから譲られる形で、念願の群れのボスとなるものの、料理スキルは壊滅的である。ジンからは普段こそ「バカ犬」呼ばわりされているが、動物を見下す彼が名前で呼ぶことがある稀な存在である。
良くも悪くも天真爛漫で純真無垢な性格であり、ジンに邪険に扱われたりしてもそれほどめげることはなく、彼の根底にある優しさを見抜いて惚れ込んでいるが、自分を助けてくれた人間の子供がジンであることはわかっていない。オオカミでありながら争い事には弱く、草食獣かつ自分よりはるかに幼い羊のメリにすら倒されてしまっているが、ここぞという場面では抜群の脚力や180kgの咬合力を披露しており、料理部の面々に危害を加えてきたチンパンジーには敵意を露わに威嚇し、恐怖させている。学園内では一風変わった料理部と、その中心にいるランカの在り方は、様々な動物たちに影響を与えるようになる。
牝野 瞳(ひの ひとみ)/ ヒトミ
声 - 宮本侑芽[1][2]
母性に溢れた人間のヒロイン。ジンを除くと学園内唯一の人間である女子高校生。容姿端麗、成績優秀かつ料理部メンバー随一の良識人。「♀」の形の髪留めがトレードマークとなっている。
料理好きで、私有の調理器具を持ち寄り、調理実習室を部室として料理部を立ち上げる。おしとやかで人当たりや面倒見も良く、料理部のメンバー達とも仲良く接している。ジンの想い人であるがゆえに、困っている動物を見かねた彼女のお願いや、ジンの彼女に対する下心によって、ジンを動かすことができる数少ない存在であり、間接的に彼女のお陰で動物たちが助けられている場面も多々ある。性格的には奥手で恥ずかしがり屋だが、巻き込まれ体質が災いして度々サービスカットを担ってしまうほか、動物から見れば人間は特定の季節での発情期を持たない(それこそ1年中、興味こそあれば何年もずっとである)ため、恋愛観の相違から本人の意に反して「エッチな人」「発情期ちゃん」とのキャラやあだ名が生徒間で定着してしまっている。中等部時代は水泳部だったため泳ぎが得意。
元々は圧倒的マイノリティである学園内に自分の居場所を作りたい一心で料理部を立ち上げ、誘ったジンにくっつく形でランカが加入してきたの契機に、想像以上に居心地の良いものへとなってゆくこととなった。ジンとの関係は当初から良好ながらも、ジンから告白を受けた際には、今の料理部のカタチが壊れてしまうのを恐れるあまりに断ってしまうが、彼女の心境を汲んだジンの歩み寄りにより和解し事なきを得ている。ジンの心にはランカがいるのではないかとの思いを抱きながらも、一方で自身にとことん誠実に接してくれるジンに惹かれている。
子守 ユカリ(こもり ユカリ)/ ユカリ
声 - 久野美咲[1][2]
「食」にこだわりをもつコアラのメス。会話するときには「だ」行の発音が「ら」行になる。
料理部の板長ポジションにしてヒトミと並ぶ常識人であり、辛辣な言動を繰り広げるジンへのツッコミ役でもある。料理部メンバーに対しても日常的に丁寧語で喋っているほか、持ち前のコミュ力の高さは主に食材調達に存分に活かされている。見かけに反した強靭な握力を持ち、物事を力技でなんとかしてしまうこともある。
コアラの生態である幼少期のバップ(母親(声 - 石井未紗)の未消化のユーカリ、つまり)が、記憶こそおぼろげながらも強烈に美味しかったものとして印象に残っていたために「食」に興味を持つようになり、ヒトのみが行う「料理」にそのヒントがあるのではと考え、料理部の門を叩く。晴れて真実を思い出してからは、食糞に対して異様な執着を見せるようになり、ひとたびその絡みとなると暴走しだすばかりか、他の動物たちに度々食べさせようとしては部員に阻まれている。
獣生 ミユビ(ししお ミユビ)/ ミユビ
声 - 小原好美[1][2]
スポーツ好きのミユビナマケモノのメス。
種族の生態ゆえに些細なことで死んでしまうが、本人はいたって活動的な志向の持ち主であり、自分に向いているスポーツを模索しているため、自室にはあらゆるスポーツ用品が揃えられている。他の動物と比べて半分ほどの筋肉量しかもたないことで移動速度が時速180mと非常に遅いため、放課後になると部室までの移動はジンに背負ってもらっているほか、皆で移動する際には手押し車の中に入り、ユカリ達に押してもらっている。頭に生えているを食べて生活しており、料理部で実際に料理を口にすることはほとんどない。泳ぎは得意であるが、泳ぎつづける体力はない。表には出さないが非常に頭脳明晰であり、以前にはロバが熱狂するトレーディングカードゲーム「マジック・ザ・ドンキーズ(MTD)」の伝説的プレーヤーとして大会を荒しまわるほどの腕前を誇っていた(カードが重いため引退している)。
大人しく控えめな性格でそれほど口数も多くなく、普段は皆を見守るように佇んでいるが、いざというときはきちんと自己主張する芯の強さを持っている。周りの動物のように動くことが出来ないことにコンプレックスを抱えているものの、何とか克服したいとの思いで努力を重ねており、彼女の頑張る姿は生徒間でも評判を得るようになる。友達もなかなか作れない身であったところを、半ば強引ながらも群れに誘ってくれたランカに好意を寄せる一方、自身の生態に悩んでいたマナコを叱咤激励したことをきっかけに好意を寄せられている。
猫米 クルミ(ねこまい クルミ)/ クルミ
声 - 徳井青空[1][2]
幽霊部員のネコのメス。品種はラグドール
中等部在籍時の「ミスメス」に3年連続で選ばれた学園内で人気の存在。非常に気まぐれなために部室にいないことが多い。
ネコの本能そのままに生きているような部分が大きく、喉慣らしで愛嬌を振りまいて食べ物をもらったり、様々な場所で昼寝を楽しんだりと自由気ままに構内を闊歩している。群れるのはカッコ悪いとのポリシーを持つものの、様々な動物が共に過ごしている料理部に興味を抱き、料理部の空間を気に入ったことや寂しがりやな本心をジンに見抜かれたことで、天邪鬼な態度を見せながらもやがて一員へと加わる。彼女より後に料理部にやってきたメイメイには当初警戒心を露わにしていたが、メイメイの歩み寄りを受け、彼女に親愛の仕草を表すようになっている。ハダカデバネズミ達にとっては天敵であり、彼女に遭遇するたびに弄ばれている。
苺苺(メイメイ)
中国からやって来たジャイアントパンダ留学生のメス。第23話で初登場。
世界中で人気を集めている動物界きってのアイドルであり、学園内にも種族を問わず熱狂的なファンがおり、意図せず学園全体を動かしてしまうほどの絶大な影響力をもっている。種族的に手厚く保護され、また誰からも愛され甘やかされる立場で育ったため、怠惰で自由奔放な気分屋だが、実はドM(後述)。物事の判断基準が「楽しそうかどうか」であり、色恋沙汰やゴシップには真っ先に食いついたり、いたって気軽に行動してしまうため周りを巻き込んでしまうこともしばしばある。学園で過ごす制服も特注のオーダーメイドデザインであり、頭にはサングラスを身に着けている。感情が昂ぶると中国語で話すことがあるほか、私服もチャイナ服である。生粋のアイドルであるが高慢や高飛車などといった面はなく、クルミやマナコなど自分の思い通りにコミュニケーションが成り立たない相手には自ら歩み寄ることも辞さない積極性を見せているほか、ミユビの芯の強さを目の当たりにしてからは彼女をいたく気に入っている。
自身を特別扱いをしないジンに新鮮さを感じたことをきっかけに、その冷たい発言や態度に快感を覚えるようになり、半ばジン目当で料理部に加入することになる。本来は期限付きで学園に滞在する予定だったが、アイドルの自分を脱いでありのままでいられる料理部とその仲間たちに愛着を抱いている自分の本心に気付き、駄々をこねた結果留学期間が無期限延長となり、晴れて料理部の正式な一員となるとともに、ジンにはマゾ的な感情だけではない部分でも好意を抱くようになっている。
吸森 チイ(すいもり チイ)/ チイ
血を吸うのが怖い吸血コウモリの新入生。
生き血を吸うのを嫌って血液パックで食事を賄っており、それを咎める両親に鍛え直す目的でシートン学園に入れられるも結局生き血は吸えないままである。食堂で見たヒトミのお弁当の可愛らしさに強い憧れを持ち、またジンの血を吸おうとしたことがきっかけでジンの作ったレバームースのタルティーヌを食べさせてもらうも吸血コウモリは味覚が退化しているために味がせず絶望する。だがその後吸血コウモリについて調べたジンにより梅干しを食べさせてもらい、吸血コウモリも酸味と塩味は感じられる事と合う料理があることを教えられ、料理部に入部する。
料理絡みで親身になってもらったことと、血を吸いたくないというよりは他者を傷つけたくないのであり、それは悪いことではないと諭された事とでジンに対して好意を持つ。

学園の生徒[編集]

料理部メンバーと関係の深い生徒[編集]

馬縞 クロエ(ましま クロエ)
声 - 青山吉能[1][2]
ポニーテールのグレビーシマウマのメス。第2話で初登場。
お嬢様口調の高飛車な一面もあるものの、根は誠実で義理堅い。大所帯であるウマの群れのリーダーだったが、シマウマロバの仲間であることを大勢の前でジンに指摘され、気まずさのためにウマの群れからロバの群れへ移った。群れのオスロバ達に勧められて始めたMTDで才能を開花させ、世界チャンピオンにまで登り詰め名を馳せるとともに、自身がロバであることを誇れるようになった。MTDを始めてからは日々足技を磨いており、彼女のキックの破壊力は凄まじいものとなっている。
ランカの好意により部室の一角を間借りさせてもらっており、ジン以外の料理部のメンバーとは良好な関係を築いているほか、時折料理部の活動を手伝っている。
群れのアジアノロバのオスはメガネを掛けた2人組で、一見オタク然としているがノリはやたら軽い。2匹ともクロエに想いを寄せているが、かわされている。
獅子野 キング(ししの キング)
声 - 杉田智和[1][2]
学園の一室でハーレムを築いているライオンのオス。第12話で初登場。
肉食獣でありながら草食獣であるインパラのシホに恋をしたことで、異種族間カップル(と学園内では認識されている)のジンとランカに相談を持ちかける。紆余曲折の末にアプローチをなんとか果たすものの、波乱万丈な恋路に苦悩の日々を過ごすことになり、落ち込むたびにたてがみが抜け落ちる様を周りからは「ハゲ」呼ばわりされてしまっている。喧嘩はライオンの中でも並ぶもののないほどに強く、イエナとは拳を交わし、時には共闘する間柄となっている。
ライオンの中でも相当の「フサメン」(=人間でいうイケメン、たてがみが立派なほどモテる)であり、メス達(声 - 衣川里佳)からはハゲてしまったことを惜しまれている。ジンのことはシホとの間を取り持ってくれた恩人として、窮地の際には助けに駆けつけている。ジンは彼を「クソキング」と呼んでおり、作中においてジンが名前で呼んだことがある動物はランカと彼のみ(『クソ』は付くが)である。
シホの両親にご挨拶したときは、シホの父・伊原ゼモからインパラトーナメント[注 1]に出場し優勝することを付き合う条件とされたことで出場し、5年連続優勝のゼモに3分で勝利する。ゼモに自身の誠実な気持ちを伝え、野獣ではなく紳士として認められかけるが、最後の一言が災いしシホの両親から蹴飛ばされる。
伊原 シホ(いはら シホ)
声 - 高野麻里佳[2]
陸上部で活動するインパラのメス。第12話で初登場。
当初は発情期でないことを理由にキングからの告白を一旦断るも、キングの人柄に惹かれ、交際を始めることになる。なんだかんだありながらも両想いの関係まで辿りつき、ゾッコンといえるまでに至っているが、なんだかんだと邪魔が入り一線は越えられずにいる。キングを傷つけたバーバリライオンにも臆せず立ち向かう気丈さと真っ直ぐさを持つが、キングの周りにメスライオンの影が見えると嫌がるなど、独占欲や嫉妬深い一面も垣間見せる。マナコとは陸上部で切磋琢磨する良き友達となっている。
発情期になったときは、キングと交尾する前に両親に会うよう彼にお願いし、彼を両親に会わせる。
肌野 ミキ(はだの ミキ)
声 - 田村ゆかり[2]
生徒会長を務めるハダカデバネズミのメス。第13話で初登場。
種族特有の価値観である「服を着ていることは破廉恥、裸が健全な姿」との信条から、生徒会室などの他者の目がない場所では下着姿で過ごしており、地上では服を着なくてはならない羞恥心に耐えながら職務に励んでいる。学園の秩序を乱そうとする行為(特に異種族交流)を許さない方針を掲げており、(ジン本人は望んでいないにも関わらず)その象徴となっているジンを敵視し、監視下に置いていたが、料理部のメンバー達と関わった動物達の姿を通じて学園の雰囲気が良くなったことに気付き、考えを改めている。
取り巻きとしてかなりの数のオス個体(声 - 浜田洋平井上雄貴)がおり、地下では皆ブリーフ一丁の姿で過ごしている。女王である会長を慕っていることは共通するものの、一匹一匹が非常に個性豊かであり、賑やかな群れとなっている。
斑刃 イエナ(まだらば イエナ)
声 - 津田美波[2]
喧嘩にめっぽう強いブチハイエナのメス。第14話で初登場。
自身の勘違いや家族との認識齟齬から、自分はオスである、と頑なに信じており、メスだと言われること指摘されることを何より嫌っていたが、ジンの知識によりメスだと自覚させられてからは自身の性に苦悩するようになる。一度は服装や言動の矯正を試みたものの、メイメイに好きなように生きることを諭され、オスとして生きるスタイルに戻っている。
メスながらもボーイッシュな外見や男気溢れる立ち振る舞い、喧嘩上等な性格で同種族からはオスメス問わず人気があるが、本人は孤独を美徳としており群れには入っていない。好戦的で日常的にオスライオン達を蹴散らしており、メイメイの保護機関エージェントであるビントロングやマンモスのマンといった格上の相手にも臆せず挑んでいくほか、キングとは互いに強さを認め合う仲となる。自意識的にはオスであるため、メスらしさを見込んでヒトミに師事したことをきっかけに想いを寄せるようになっている。
愛島 ユビル(あいしま ユビル)
コンプレックスを抱えたアイアイのオス。第15話で初登場。
種族の生態から自らを「闇の者」と称しており、メイメイのような「光の者」に近寄られると溶かされてしまう。ジンのクラスメイトであり、体育の時間に自身のコンプレックスである指を気にすることなく手を握ってくれたジンに想いを寄せるようになるが、その様を恋敵にあたる長鹿兄からは「妄想恋愛中毒君」と罵られている。ジンの貞操を守ろうと長鹿兄とは度々衝突するも、傍目にはストーカー仲間のような間柄となってしまっており、ジンの窮地を救わんと結託する様を目撃したキリに「友情の芽生え」と妄想されてしまっている。
コンプレックスを抱え悩む一方で、同じ闇を抱える同種族達と「黒魔術研究会」を立ち上げているが、同族以外の友達ができた様を仲間たちから「ユビル氏、リア充化」「浄化されしユビル」などとやっかみを受けてしまっている。
長鹿兄&長鹿 キリ(ながしか -)
2人そろって変わった性癖を持つキリンの兄妹。第18話で初登場。
兄はキリンの中でも図抜けたプレイボーイであり、普通の恋愛では物足りなくなり、アブノーマルな恋愛を求めてジンに想いを寄せるようになる。ジンに対しては「健気なまでの受け」であり、拒絶されても熱いまなざしを向け続けているが、ユビルからは「性欲の化け物」と罵られている。
妹・キリはショートカットで長いスレンダーな美少女だが、中身はBL趣味を隠そうともしない腐女子であり、兄の恋路も応援するスタンスこそ取っているものの、兄がジンに拒絶されている場面ですら妄想して楽しんでしまっている。
風風(フォンフォン)
メイメイの付き人兼ボディーガードを務めるレッサーパンダのオス。第23話で初登場。
小柄な見た目とは裏腹の超一流エージェントであり、メイメイの安寧な日常生活は彼をはじめとする護衛達の様々な裏工作のおかげでもある。任務遂行中はサングラスを身に着ける。メイメイに付き添う形で学園の一生徒として在籍しており、普段は自由奔放なメイメイのわがままに振り回されているが、時折ドライでビジネスライクな一面も垣間見せている。
鏡 マナコ(かがみ マナコ)
尋常でないほどに照れ屋なメガネザルのメス。第26話で初登場。
些細なストレスで自殺を試み、嬉しさといった感情の昂ぶりですら自殺を図ろうとする厄介な本能の持ち主。メイメイのファンであり、友達になろうとしたメイメイを苦戦させるが、ミユビの叱咤と励ましをきっかけに自身の衝動をコントロールできるようになった。ほどなくして自身のジャンプ力を活かせる陸上部へ入部し、シホとは切磋琢磨する良き友達となっている。
大浮 ボノ
海棲哺乳類ながらシートン学園に通うラッコのオス。第61話で初登場。
肩身の狭い日々に疲弊しシー学園への転校を希望していたが、ある日ジンと出会い、ラッコに対するジンの批評を聞いたランカが言葉足らずで励ました結果、ジンは自分を認めてくれたと誤解し思いを寄せるようになる。
カナの脱皮した皮を固めてお気に入りの持ち石としていたが、ジンに惚れてからはジンの爪をゴミ箱から集めて石を作ろうと暗躍しており、監視していたユビルや長鹿兄をもドン引きさせている。

ボクシング部[編集]

跳袋 ミドル(とぶくろ ミドル)
ボクシング部部長。ワラルーのオス。第28話で初登場。
部室を取り戻すため、カンガルーボクシング部部長の赤袋とカンガルーボクシングの試合をすることになる。ランカとの特訓で赤袋のパンチをかわせるほどに成長するが、2R目で強烈なキックをくらい、8R終了にはボロボロになっていた。
9R目でついにダウンするが、やめた部員たちの本当の思いを聞いて立ち上がり、脚7本分の力を込めたボディとアッパーで逆転KOする。試合後、ランカの提案で赤袋と和解する。
赤袋 スグル(あかぶくろ スグル)
カンガルーボクシング部部長。アカカンガルーのオス。第28話で初登場。
体長180cm。跳躍力は高さ2m幅8mに達し、体脂肪率は2%。マッチョな体型で、ボディビルのポーズをよくとる。
部室を手に入れるため、ボクシング部部長のミドルとカンガルーボクシングの試合をすることになる。右腕から放たれるパンチはコーナーマットを凹ませるほどの威力があるが、審判役を務めたクロエの蹴りで右腕を折られてしまう。
赤袋自身もオオカンガルーの部員ために戦っており、折れた腕の痛みに耐えながらもミドルと戦い続け彼を追い詰めるも、逆転KOされる。試合後ミドルと和解し、彼を「ボス」と呼ぶようになる。
ピョン子
ワラルーのメス。ボクシング部部員。別名「シンデレラルー」。
ワラル
ワラルーのオス。右眼を怪我している。別名「隻眼の死神」。
クロカ
カンガルーのメス。別名「跳ねる戦闘マシーン」。
アーガイル
カンガルーのオス。別名「黒いダイヤモンド」。

その他生徒[編集]

馬川(うまかわ)、象田(ぞうだ)、豚山(ぶたやま)
馬、象、豚のオス。
猿原 パン(さるはら パン)
チンパンジーのメス。第9話で初登場。
非常に知能が高く、人間以外で唯一火を扱える動物。しかし性格は極めて獰猛で危険。他の動物を見下しており、すぐキレる。同じ群れのオスからも清々しいまでのゲスと評されている。
シートン学園体育祭では道具を使うというズルををしながらポイントを稼ぎ、人間のジンには同族嫌悪を抱き「アホロートル」と挑発する。最終種目の耐久リレーでは、湖コースで出るはずだったヒトミを数種類の薬草を使ったエキスで眠らせるよう指示し、代わりに出たミユビが泳ぎ切れるわけがないと油断するも、泳ぎ切ったミユビからたすきを渡されたランカに追いつかれ、ランカの威嚇に恐怖し戦意喪失する。
穴蜜 テル(あなみつ テル)
とことんマイペースなラーテルのメス。第22話で初登場。
ラーテルの生態により防御力が異常なほどに高く、黒森の全力でもダメージを与えることができない程の鉄壁さを誇る。それ故に物理的な意味で極度の鈍感であり、幼少期にやんちゃな猛獣達から周囲が引くほどキツめのイジリを受けていたが本人は「自分は誰にも構ってもらえない」と気付いてすらいなかった。学園入学後、不良のヒグマ達に絡まれていた(本人に自覚なし)ところを偶然通りがかったフェリル達に助けられ、「初めて誰かが自分を構ってくれた」という感動から、オオカミになりたい一心でフェリルの群れに入れてもらおうと押しかける。が、空気の読めない天然さのためにランカに危害を加えてしまい、激怒したフェリルの一撃(鷲掴みにされた頭を石畳に叩きつけられ、その衝撃は隕石衝突の如く地面を破壊し周囲にいた者達を吹き飛ばした)を食らうも軽傷で済み、それどころか初めて「痛み」を感じられたことに喜んでいた。その後、フェリルのシスコンっぷりとランカの勘違いが幸いし、晴れて加入を認められる。
メスではあるが、妹分はランカ以外不要との信条から、フェリルの群れで行動する際はオス達と同じ学ランを着用している。
サム
オポッサムのオス。第30話で初登場。
有胎盤類の出現により生態系の主役を奪われた有袋類の中で、唯一どの後も生息地を拡大している凄いやつ。カンガルーボクシングの試合の実況の特別ゲストとして呼ばれるも、ボクシングの試合とは全然関係ないオポッサムの説明しかしていない。(敵に襲われるなど)過度なストレスがかかると死んだふりをする(死臭まで放つ)。
半縞(はんじま)
クアッガのオス。第42話で初登場。
カードゲームMTDをしており、自分を数が少ないグレビーシマウマと偽って世界王者のクロエに近づき戦意喪失させて、決闘(デュエル)でクロエを追い詰める。ジンに正体を見抜かれ、クロエのダイレクトアタックをくらい敗北する。

教職員[編集]

寺野 ギガス(てらの ギガス)
声 - 玄田哲章[1][2]
123歳のティラノサウルスのオス。地球史上最強の陸上肉食獣。体長13m。専門科目は歴史であり、ジンやヒトミなどが属する1年1組の担任。生徒達のことを「クソ哺乳類(ガキ)」と呼ぶ非常に厳しい性格なため、生徒達から恐れられている。「絶滅したいのか」が口癖。
ティラノサウルスの体重や走行速度については諸説あるが、本作に置いては気嚢を保有しているために比較的軽く(3~4トン)、軽いがゆえに走行速度も速い(時速50km)という説を採用している。咬合力は8トン。立体視ができる数少ない恐竜で、それ以上に鼻が利き、発達した聴覚で生存競争を勝ち抜いたという説があるほど耳もいい。
荒本(アラモト)
声 - 津田健次郎 [注 2][2]
アラモサウルスのオス。全長30m。史上最大級の竜脚類で恐竜の大量絶滅後も70万年にわたって地上に君臨していた。普段は穏やかだが、怒ると踏み潰そうとする。
野戸
プテラノドンのオス。専門は体育で、怒ると目玉を突こうとする。
三角(みかど)
トリケラトプスのオスで寮長。怒ると串刺しにしようとする。
桑野(ぐわの)
イグアノドンのオスで保険医。
天野 カロリス(アマノ カロリス)
声 - 龍田直樹
シートン学園の学園長でアノマロカリスのオス。水棲生物なので常に水槽に入っている。
瓜猿 リム(うりえ リム)
ウーリークモザルのメス。1年1組の副担任となった新任教員で料理部の顧問。第41話で初登場。
他の教員に比べて優しいと評判であり、ランカと同様、動物達は種の垣根を超えて分かり合えることを信条としている。その手段として(本人は至って健全な意識での)抱擁を行うため、シチュエーションによっては大きな誤解を生むこともある。
剣屋
ステゴサウルス。ユカリに食糞をやめさせようとする。実は彼自身も食糞(実際にステゴサウルスは糞食だったという説がある)でそれが原因でいじめられていたために、ユカリもいじめられるのではないかと危惧していたため。
刺野
スピノサウルス。水泳の授業を担当している。

他等部・他校の登場人物[編集]

大狼 フェリル(おおかみ フェリル)
声 - 田野アサミ[2]
オオカミの巨群を束ねるボスにしてランカの姉。第6話で初登場。
ランカとは対照的に4m45cmの体長と怪力を持ち、ヒグマ達すらまるで相手にならず、教職員の恐竜達とも渡り合ってしまうほどの強さを誇るが、重度のシスコンであり、ランカのこととなると途端に周りが見えなくなってしまう。ベルクマンの法則で、寒い日にいつも上着をかしていたため大きくなった。
ランカの様子を見に料理部を訪れて以来、他校の生徒でありながら頻繁に学園やってくるようになる。陰ながら見守るようにと過ごしているものの、その長身やスケバンのような出で立ちで大体の場合目立ってしまっている。強いオスが好みであり、寺野に憧れているが、黒森に思いを寄せられていることには全く気付いていない。ランカがベタ惚れしているジンのことは「多少見所はあるチンパンジー」「妹には相応しくない」と評しながらも、妹に嫌われたくない一心で黙認している。
黒森 ウルフ(くろもり ウルフ)
フェリルの群れのNo.2で右腕を務めるシンリンオオカミのオス。第6話で初登場。
3留中の20歳。フェリルに忠誠を誓っている硬派な不良であり、フェリルが異常に強すぎるため目立たないが実力は備えており、配下のオオカミ達からもなんだかんだで慕われている。16歳のときは他に並ぶ者のいない存在であり、偶然通りがかったフェリルに叩きのめされて以来フェリルに想いを寄せているが、童貞気質が災いしてか一向に想いは伝わらずにいる。配下に加わったテルと合体攻撃を編み出し、クマ達を撃退している。
メリ&ミオ&ホル
シートン学園初等部の仲良しメス3匹組。第58話で初登場。
メリは、ミオは山羊、ホルはで、それぞれ頭頂部付近に小さなツノと耳がある。メリが以前に高等部に見学に訪れた際に、困っていたところをジンに助けられたことで初恋に落ちるも、直後にランカのペロペロを目撃したことでランカを敵視するようになり、ジンを奪い返そうとミオ、ホルを連れ高等部へやってくる。
なおミオは種族特性としてすぐに気絶する、ホルは胃の中に色々なものをしまっているという特徴がある。

シー学園[編集]

白海 カナ(しらうみ カナ)
シー学園に通うシロイルカのメス。第36話で初登場。
黒縁のメガネが特徴的な明るい女の子だが、泣いていても傍目には笑っているようにしか見られずに困っている。海生哺乳類の中でも華麗な花形であるバンドウイルカに憧れ眺めるだけの日々を送っていたが、林間学校でやってきた料理部と出会い、ランカをはじめとした料理部の協力により「歌う」ことに開眼したことで認められ、バントウイルカの群れに加わるとともに、一躍スター街道を駆け上がり始める。肺呼吸だが陸上では長時間生きられない。
板東 ルカ(ばんどう ルカ)
シー学園に通うバンドウイルカのメス。第36話で初登場。
シンクロ部部長。眠りが深すぎて半分寝てる間、性格が変わってしまう。左脳モードでは左目が髪に隠れ、右脳モードでは右目が髪に隠れる。シロイルカではバンドウイルカの泳ぎについてこれないと思い、シンクロ部にカナを入れることを拒んでいたが、カナの歌声が動きにシンクロしたことで、カナの入部を認める。陸で日課のトレーニングを行っている。
大場 ニア(おおば ニア)
シー学園園長でオパビニアのオス。第38話で初登場。

絶滅同盟EX団(私立ダーウィン学園)[編集]

姉谷 アン(あねたに アン)
ネアンデルタール人の少女。第45話で初登場。
赤い髪に白い肌で、空みたいにキレイな青い目をしている。同族を滅ぼしたホモ・サピエンスに憎しみを抱いており、ジン達の群れを分断しようと画策していた。しかし、アンを同じ人種だと思い込んだヒトミから友達になりたいと言われ厚遇されたことで優しい人間もいることを理解し、復讐心を収めヒトミと友達になる。
安藤
アンドリューサルクスのオス。大きな顎を持つ外見に反して臆病な性格。ジン達人間の居る群れを襲おうとするが、EX団で唯一人間と生息期が被らなかったため人間と他の動物とを判別できず、イエナや猿の群れを勘違いしたまま脅して返り討ちにあった。その後、学園に関わることを恐れてEX団から脱退した。
輪島
肥満体型を気にしているステラーカイギュウのオス。ボスを裏切り歯向かったアンを襲おうとするが、ジンが転がしたビー玉に足元をとられ転倒して戦闘不能になる。アンやマンが人間への態度を改めた後も、絶滅させられた恨みを持ち続けている。
マン
ケナガマンモスのメスのEX団ボス。小柄ながらも怪力の持ち主で、相手の脳内を通じて会話できる。人間に滅ぼされた強い恨みから、アンなどの同じ運命を辿った絶滅種を集めて同盟を結成したが、人間(主にヒトミ)の優しさを知ってからはヒトミの部屋に泊まるほどの仲へと進展した。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2019年10月にテレビアニメ化が発表された[10]。2020年1月よりTOKYO MX他にて放送中[1]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「学園壮観Zoo」[11]
大狼ランカ(木野日菜)、間様人(石谷春貴)、牝野瞳(宮本侑芽)、子守ユカリ(久野美咲)、獣生ミユビ(小原好美)、猫米クルミ(徳井青空)によるオープニングテーマ。作詞は古屋真、作曲・編曲は加藤裕介
「オオカミブルース」[11]
大狼ランカ(木野日菜)によるエンディングテーマ。作詞は古屋真、作曲・編曲は山下洋介。

各話リスト[編集]

話数サブタイトル[12]脚本絵コンテ演出作画監督
シートン学園記1おおかみ親分ボス ランカ
-ランカとジンとヒトミの話-
村越繁博史池畠濱崎徹酒井孝裕
シートン学園記2なぜ雌達は○○○を口にするか
-ユカリとミユビとクルミの話-
牧野友映小菅博
シートン学園記3愛するものたちと脱ぐもの
-ミキとキングとシホの話-
濱崎徹佐々木達也栗原基樹
シートン学園記4自称少年と大狼
-イエナとフェリルの話-
佐藤裕佐久間貴史上野慎一郎水野隆宏

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [13] 備考
2020年1月7日 - 火曜 0:30 - 1:00(月曜深夜) TOKYO MX 東京都 製作参加
KBS京都 京都府
サンテレビ 兵庫県
BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2020年1月12日 - 日曜 23:30 - 月曜 0:00 アニマックス 日本全域 BS・CS放送 / リピート放送あり
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間
配信期間 配信時間 配信サイト
2020年1月7日 - 火曜 0:00 - 0:30(月曜深夜) AbemaTV
2020年1月10日 - 金曜 0:30 更新
金曜 12:00 更新
金曜 19:00 更新 TSUTAYA TV
2020年1月11日 - 土曜 0:30 更新 FOD
2020年1月12日 - 日曜 0:30 更新 dTV
日曜 12:00 更新

BD[編集]

発売日[14] 収録話 規格品番
1 2020年3月3日予定 第1話 - 第4話 BIXA-1281
2 2020年5月8日予定 第5話 - 第8話 BIXA-1282
3 2020年7月3日予定 第9話 - 第12話 BIXA-1283

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ インパラの発情期に開催されるインパラ(オス)たちのモテをかけたバトルトーナメント
  2. ^ テレビアニメでは荒本先生役以外にもちょっとしたキャラクターのCVを毎話担当している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 「群れなせ!シートン学園」に木野日菜や石谷春貴ら声優陣9名、PVなども一挙公開(コメントあり)”. コミックナタリー (2019年12月4日). 2019年12月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n STAFF/CAST”. TVアニメ「群れなせ!シートン学園」公式サイト. 2020年1月26日閲覧。
  3. ^ 『群れなせ!シートン学園(1)』(山下文吾)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年10月3日閲覧。
  4. ^ 『群れなせ!シートン学園(2)』(山下文吾)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年10月3日閲覧。
  5. ^ 『群れなせ!シートン学園(3)』(山下文吾)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年10月3日閲覧。
  6. ^ 『群れなせ!シートン学園(4)』(山下文吾)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年10月3日閲覧。
  7. ^ 『群れなせ!シートン学園(5)』(山下文吾)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年10月3日閲覧。
  8. ^ 『群れなせ!シートン学園(6)』(山下文吾)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年10月3日閲覧。
  9. ^ 群れなせ!シートン学園-Animal Academy- 1”. 小学館. 小学館. 2019年11月7日閲覧。
  10. ^ a b c “「群れなせ!シートン学園」TVアニメ化!津田健次郎「各話♂動物役ってなんですか?」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年10月4日). https://natalie.mu/comic/news/350294 2019年10月4日閲覧。 
  11. ^ a b ミュージック”. TVアニメ「群れなせ!シートン学園」公式サイト. 2019年12月24日閲覧。
  12. ^ ストーリー”. TVアニメ「群れなせ!シートン学園」公式サイト. 2020年1月21日閲覧。
  13. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  14. ^ Blu-ray発売決定!”. TVアニメ「群れなせ!シートン学園」公式サイト (2020年1月7日). 2020年1月7日閲覧。

外部リンク[編集]