美魔女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
美魔女
基本情報
業種 一般人
詳細情報
適性能力 美しくなる為の方法
内側から美しくなる食事
美しさをキープする習慣
就業分野 人によって異なる
関連職業 モデルタレント社会人
平均年収 非公表

美魔女(びまじょ)は、光文社が発行するファッション雑誌美STORY/美ST』による日本語造語。才色兼備の35歳以上の女性を指し、「魔法をかけているかの様に美しい」ところからきている[1]

『美STORY』が月刊化され、のちに『美ST』へ改称されたのちも、誌面で引き続きこの語が用いられている。光文社は2010年(平成22年)に 「美魔女」を商標登録している。

背景[編集]

第1回(2010年)「国民的美魔女コンテスト」の会場となった青山スパイラルホール(東京・南青山

2008年(平成20年)11月、光文社の女性向けファッション雑誌『美STORY』の創刊準備号にて、「美魔女」という語が初めて登場する[2]2009年(平成21年)8月頃には、『美STORY』は、40代の女性に必要なのは「美しくなる為の方法」「内側から美しくなる食事」「美しさをキープする習慣」であると提案している。『美STORY』が季刊誌から月刊誌になることを機に立ち上げられたウェブサイト上で、“7人の美魔女会議”というブログがスタートした時から、美魔女という言葉が広まっていった。その7人は、松島三季、水谷雅子、吉田貴子、上田実絵子、吉田真希子、山本未奈子、潤子ララビュール。ブームのきっかけとなったのは、同誌の編集長・山本由樹が仕掛けた「国民的美魔女コンテスト」だった[3]。2010年(平成22年)11月に開催されたコンテストには、全国から35歳以上の女性が約2,500人集まり、テレビ番組などで取り上げられた結果、「美魔女」という言葉の認知度を一気に上昇させた[4]

実業家の藤田康人は、『美STORY』編集長・山本由樹のブームの仕掛け方が巧妙であったと述べている。まず、雑誌というブランド力と信憑性の高いメディアから"美魔女"という話題性のある言葉を発信し、実際にコンテストを開催することで、その話題性を急増させた。そして、次にウェブという情報拡散性の高いメディアで読者投票や書き込みという行為でコンテストに擬似参加させる仕組みは最先端の統合的なマーケティングコミュニケーションの事例といえる、と批評した。また、雑誌の発行部数減少や広告不振など、雑誌というメディアの存在意義そのものが問われていると危機感を持ちながらも、新しい方向性が見出せない業界にとって、この山本の「美魔女ブーム」の仕掛け方は、雑誌メディアの今後のビジネスモデルの新しい形を示しているのではないかとも語った[5]

定義[編集]

ブームを仕掛けたファッション雑誌『美STORY』は「年齢という言葉が無意味なほどの輝いた容姿」「経験を積み重ねて磨かれた内面の美しさ」「いつまでも美を追求し続ける好奇心と向上心」「美しさが自己満足にならない社交性」という条件を備えた"エイジレスビューティー"な女性を「美魔女」と定義している[6][7][8]。しかし、一部では単に「年齢を感じさせない若さを保っている大人の女性」という意味で使われている[9]

年表[編集]

  • 2008年(平成20年)11月 - 「美魔女」の初出/日本の女性向けファッション雑誌『美STORY』(光文社)の創刊準備号にて、「美魔女」という語が初めて登場する。
  • 2009年(平成21年)8月頃 - 『美STORY』誌が、40歳代の女性に必要なのは「美しくなる為の方法」「内側から美しくなる食事」「美しさをキープする習慣」であると提案。
  • 2010年(平成22年)
  • 4月8日 - 光文社が商標「美魔女」の登録を出願。[10]
  • 8月13日 - 登録商標「美魔女」の成立/登録番号は第5346003号。存続期間満了日は2020年8月13日。[10]
  • 8月 - 光文社が『美STORY』の公式ウェブサイトを開設、サイト内ブログとして「国民的美魔女コンテスト」も開設[11]
  • 11月 - 東京は南青山にて、「美STORY」主催第1回「国民的美魔女コンテスト」の開催[11]/全国から35歳以上の女性が約2,500人集まり、「美魔女」という語の認知度が急上昇する[11]
  • 2011年(平成23年) - 株式会社バシャールの登録商標「美魔女サロネーゼ」の成立/第5480782号。
  • 2013年(平成25年)10月 - この時期、タイトルに「美魔女」が入る書籍は20冊を超えている[11]
  • 2015年11月6日 - 中国誌『アップルデーリー』電子版に「美魔女」の見出しが登場/街行く人々に自分の不幸な境遇を話しては金銭的援助を求めていた女子中学生(日本での高校2年生に相当)が、実際には貴州省出身で子供もいる33歳の既婚女性で、身の上話は全て嘘、所持していた学生証なども偽物であることが判明し、同月4日、広東省梅州市にて警察逮捕された。見出しには「33歳美魔女假扮女中學生 街邊乞討」の文字が躍った。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011年5月17日放送回『『ぷっ』すま』(テレビ朝日)の企画「話題の雑誌が注目するココ1当てまSHOW!」に出演した『美STORY』編集者の発言より
  2. ^ 朝日新聞社、2011年10月25日朝刊。
  3. ^ 藤田康人 (2010年10月19日). “【次世代マーケティング考】「美魔女ブーム」に見る雑誌の可能性”. SankeiBiz. pp. pp.2. 2011年3月16日閲覧。
  4. ^ 特集ワイド:だから「美魔女」は笑う”. 毎日jp (2010年12月14日). 2011年3月16日閲覧。
  5. ^ 藤田康人 (2010年10月19日). “【次世代マーケティング考】「美魔女ブーム」に見る雑誌の可能性”. SankeiBiz. pp. pp.3. 2011年3月16日閲覧。
  6. ^ 藤田康人 (2010年10月19日). “【次世代マーケティング考】「美魔女ブーム」に見る雑誌の可能性”. SankeiBiz. pp. pp.1. 2011年3月16日閲覧。
  7. ^ 佐枝せつこ (2011年1月18日). “美しすぎる40代"美魔女"の正体とは”. 独女通信. 2011年3月16日閲覧。
  8. ^ 山口圭介. “急拡大する“美魔女”市場 美に貪欲なアラフォーに企業が熱視線”. 週刊ダイヤモンド. 2011年3月16日閲覧。
  9. ^ ローリングクレイドル (2011年3月13日). “美しすぎる"美魔女"たち ロリコンですらひれ伏す超美魔女も”. メンズサイゾー. 2011年3月16日閲覧。
  10. ^ a b 美魔女 - トレルサーチ
  11. ^ a b c d 知恵蔵mini

外部リンク[編集]