美泉定山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
美泉定山の立像(定山渓ホテル前)

美泉 定山(みいずみ じょうざん、文化2年(1805年) - 明治10年(1877年11月4日)は、備前国(現在の岡山県)出身の僧侶である。のちに北海道に渡って広く布教活動を行った。札幌市南区定山渓は、彼の名に由来する。

経歴[編集]

文化2年(1805年)、備前国曹洞宗の名刹妙音寺[1]の二男として生まれる。「美泉」という苗字は、明治初期頃、定山があえて作ったものである。

17歳の時に実家を出て、道場で修業を積んだ後に、北上し秋田県で布教活動を行う。

1853年(嘉永6年)に48歳で北海道へ渡り、江差で観音寺を再建し、瀬棚に6年暮らす[2]1866年(慶応2年)、61歳の時に、小樽張碓に住み始める[2]。同年、現在の札幌市南区の定山渓温泉源泉を確認し、後に湯治場を設ける[3]。この源泉については、付近のアイヌが存在を知っており、幕末の探検家・松浦武四郎の紀行文にも登場するが[4]、温泉宿を営むまでに紹介したのは、定山であり、「定山渓」の名前の由来となる。さらに定山は同地に定山寺を開く。なお、1870年(明治2年)ごろ「平民苗字許可令」が発令され、定山は苗字を「美泉」と名乗る。1871年(明治3年)、開拓使判官の岩村通俊より、「湯守り」を任じられる[3]1876年(明治8年)、小樽と「定山渓」を結ぶ山道開発に携わる[3]

1877年(明治10年)、張碓の山中で病気のため死去。享年73。その死は定山渓まで知らせが届いておらず、長きに亘って「行方不明」扱いとなっていた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]