美江寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
美江寺
Mieji 1.JPG
美江寺観音
所在地 岐阜県岐阜市美江寺町2-3
位置 北緯35度25分34.95秒 東経136度45分30.34秒 / 北緯35.4263750度 東経136.7584278度 / 35.4263750; 136.7584278座標: 北緯35度25分34.95秒 東経136度45分30.34秒 / 北緯35.4263750度 東経136.7584278度 / 35.4263750; 136.7584278
山号 大日山
宗派 天台宗
本尊 十一面観音
創建年 伝・717年養老元年・霊亀3年)
開基 伝・勤操元正天皇(勅願)
正式名 大日山 観昌院 美江寺
別称 美江寺観音
札所等 東海白寿三十三観音31番
美濃三十三観音18番
岐阜観音3番
文化財 乾漆十一面観音立像(重要文化財)
猩々面(岐阜市指定重要文化財)
地図
美江寺の位置(岐阜県内)
美江寺
法人番号 1200005000718
テンプレートを表示

美江寺(みえじ)は、岐阜県岐阜市にある天台宗寺院である。山号は大日山。院号は観昌院。通称「美江寺観音」。正式名称より通称で呼ばれることが多い。本尊十一面観音

美濃三十三観音霊場第十八番札所。岐阜観音札所第三番札所。東海白寿三十三観音第三十一番札所。

瑞穂市美江寺については、美江寺宿を参照。

沿革[編集]

『新撰美濃志』の伝えるところによれば、717年養老元年・霊亀3年)、元正天皇勅願により、伊賀国名張郡の伊賀寺(坐光寺)【名張市の夏目廃寺】の十一面観音美濃国に移したのが当寺の起源であるという。この十一面観音を本尊として、719年(養老3年)、美濃国本巣郡十六条(後の美江寺村、現瑞穂市美江寺)に美江寺が創建され、開山は勤操(ごんそう、東大寺別当)、竣工は723年(養老7年)であったという。

その後、中世までの沿革は判然としないが、土岐氏の帰依を受け、1506年永正3年)、土岐成頼が伽藍を修造したという。現在地に移転したのは1549年天文8年)、斎藤道三稲葉山城の築城時ともいい、織田信長が移転させたという説もある。稲葉山城の南西に位置し、裏鬼門を守護するという。

1871年明治4年)、政府による寺領上知令により寺領を失う。1945年昭和20年)7月には、岐阜空襲により伽藍を焼失。その後、1952年(昭和27年)に阿弥陀堂(仮本堂)が再建され、1955年(昭和30年)に本堂、1986年(昭和61年)に仁王門がそれぞれ再建されている。

文化財[編集]

重要文化財
像高176.6cm。奈良時代の作。近畿地方以外には珍しい脱活乾漆造(麻布を漆で貼り固めて造形した張り子状の像)の仏像であり、技法、作風等から制作は奈良時代・8世紀にさかのぼると推定される。
岐阜市指定文化財
  • 木造十一面観音立像[1]
  • 木造菩薩坐像[1]
  • 猩々(しょうじょう)面[1]
  • 木造獅子頭 ヒノキ製で高さ約29センチ、長さ約36センチ、幅約34センチ 鎌倉時代 岐阜市指定重要文化財(2015/12/1)
  • 木造不動明王半跏(はんか)像 ヒノキ製で高さ高さ約28センチ 鎌倉時代 岐阜市指定重要文化財(2015/12/1)

 

所在地[編集]

  • 岐阜県岐阜市美江寺町2-3

行事[編集]

  • 美江寺まつり - 毎年3月第1日曜日に行われる。別名けんかまつり、蚕まつり。山車(だし)の上から猩々面(しょうじょうめん)を被った男が杓子を群集に投げつけ、杓子の底の抜け具合で吉兆を占う。現在は行われていない。
  • 節分星まつり - 毎年2月3日
  • 本尊ご開帳 - 毎年4月18日
  • 岐阜空襲慰霊祭 - 毎年7月9日
  • 大護摩 - 毎年10月
  • 人形供養 - 毎年11月
  • 除夜の鐘 - 大晦日

交通アクセス[編集]

岐阜バス「美江寺町」バス停、または「市民会館・裁判所前」バス停が最寄である。

その他[編集]

瑞穂市美江寺の地名の由来は、かつて美江寺があった名残である。現在もこの地には美江寺観音がある。これは1567年永禄10年)、織田信長の命で建立されたものである。瑞穂市の美江寺観音に毎年3月第1日曜日にお蚕祭りがあり、岐阜市の美江寺の美江寺祭りと良く似た祭りが行なわれている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 岐阜市内の指定等文化財一覧” (2012年4月6日). 2013年5月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『日本歴史地名大系 岐阜県の地名』平凡社
  • 『角川日本地名大辞典 岐阜県』角川書店
  • 『岐阜県百科事典』岐阜日日新聞社、1968

外部リンク[編集]