羅生門綱五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
羅生門 綱五郎
プロフィール
リングネーム 羅生門 綱五郎
本名 卓 詒約
身長 203cm
体重 125kg
誕生日 1920年3月5日
出身地 台湾
スポーツ歴 大相撲
テンプレートを表示

羅生門 綱五郎(らしょうもん つなごろう、1920年3月5日 - 生死不明)は、台湾出身で花籠部屋所属の元大相撲力士日本プロレス所属の元プロレスラー、元俳優。本名は、卓 詒約(たく いやく、注音: ㄓㄨㄛㄧˊㄩㄝ拼音: zhuōyíyuē)。身長203cm、体重125kg。

来歴[編集]

1940年(昭和15年)に花籠部屋に入門し、四股名は台湾にある当時日本最高峰だった新高山(現在の玉山)に由来して新高山 一郎(にいたかやま いちろう)、1940年5月場所で初土俵を踏む。その後、四股名を泉錦(いずみにしき)に改名し、1946年(昭和21年)11月場所限りで廃業、最高位は幕下15枚目。その後、日本プロレス入りして巨人レスラーとして知られた。

日本映画出演も多い。2メートルを超える巨体は作中でも異様な存在感を放っていた。黒澤明監督の映画『用心棒』における悪役「丑寅」の子分の一人「閂(かんぬき)」役として有名。三船敏郎演じる桑畑三十郎を投げ飛ばした。映画『ヒマラヤ無宿 心臓破りの野郎ども』では、殺人現場を目撃したため命を狙われる雪男役を演じた。『用心棒』などではセリフも多い。

ジャイアント馬場との取り違え[編集]

羅生門は、日本統治時代に育ったこともあり日本人と見まがうほど完璧な日本語を喋った。及び、長身だが痩身であること、顔の特徴(目が細く、頬骨が出っ張っている)の酷似から、映画等での彼を、観客がジャイアント馬場と間違えて記憶してしまう事があった。また実際にマスコミで、羅生門のことを馬場と間違えられて紹介されたこともある(羅生門と対照的に、馬場はCM出演を除けば映像作品に俳優として出演した事は殆ど無い)。下記の映画に出ているのは羅生門であり馬場ではない。

出演作[編集]

リングネームにもかかわらず、同じ黒澤映画でも『羅生門』には出ていない。

凸凹コンビ[編集]

プロレスでは、藤田山忠義とのコンビで知られた。藤田山とは、大相撲(片男波部屋から花籠部屋に移籍して同門に)→プロレスという経歴、及び俳優として黒澤映画に出た経験があるなど共通点があるが、身長が大きく異なった。藤田山は身長169cmであり、プロレスの世界では最も低い部類である。つまりわかりやすい凸凹コンビであり、人気を集めた。

外部リンク[編集]

以下、リダイレクトページ「新高山一郎」のカテゴリ