織田重治 (長兵衛尉)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
織田重治から転送)
移動先: 案内検索

織田 重治(おだ しげはる、生没年不詳)は安土桃山時代から江戸時代前期の武士。織田信秀 (侍従)の長男。幼名は忠三郎。通称は長兵衛尉。正室は織田信貞の長女(『寛政重修諸家譜』)。

生涯[編集]

父信秀の没年が文禄年間とされること、母が稲葉貞通の娘玉雲院であることから、天正13年(1585年)以降の天正年間、文禄年間の誕生と思われる。 元服、結婚した時期は不明。官位、所領についても伝不詳。理由はわからないが、父の遺領を相続しなかった。正室織田氏は後に地下家壬生官務忠利に再嫁している。 子に織田長介(平兵衛)(『系図纂要』)。娘は「加賀にて御上臈となった」とされる[1](「織田家雑録」)。

注釈[編集]

  1. ^ 子孫は不明。「寛文元年侍帳」に人持組の項目に津田源右衛門(3000石)津田内蔵助(1000石)の名があり、重治の子孫が継承している可能性がある。