織田秀成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
織田 秀成 / 津田 信成
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 天正2年9月29日1574年10月13日
別名 仮名:彦七郎、半左衛門
別名:津田信成
氏族 織田氏津田氏
父母 父:織田信秀、母:不詳
兄弟 信広信長信行信包信治信時信与秀孝秀成信照長益長利お犬の方佐治信方室→細川昭元室)、お市の方浅井長政継室→柴田勝家室)

織田 秀成(おだ ひでなり)は、安土桃山時代武将織田信秀の八男(または九男)で[1]織田信長の弟にあたる。津田姓を名乗り、津田 信成(つだ のぶなり)ともいわれる。

生涯[編集]

兄の信長に早くから従って各地を転戦した。長島一向一揆以外の詳しい事績は不明[2][1]

天正2年(1574年)7月の伊勢長島攻めにおいては信長の嫡男・信忠供衆として従軍した[3][1][註 1][註 2]。9月29日、一揆勢による捨て身の反撃を受け、戦死した[4][2][註 3]。秀成を討ったのは、一揆勢の鉄砲隊の者といわれる。年齢に関してはかなり若かったと推測される[1]

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 信長公記
  2. ^ 信長記
  3. ^ 『信長公記』

出典[編集]

  1. ^ a b c d 西ヶ谷恭弘『織田信長事典』P232
  2. ^ a b 岡田正人『織田信長総合事典』P125
  3. ^ 岡田正人『織田信長総合事典』P299
  4. ^ 阿部猛『戦国人名事典』P220

参考文献[編集]

書籍
史料