織田杏斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
織田 杏斎
Oda Kyosai.jpg
生誕 織田 鎌吉
弘化2年11月24日1845年12月22日
尾張国愛知郡名古屋下茶屋町
死没 1912年大正元年)11月24日
愛知県名古屋市中区本重町二丁目
墓地 平和公園正覚寺墓地
国籍 日本の旗 日本
教育 織田共樵張晋斎
流派 南北合派
配偶者 乙女、すゑ
受賞 第2回内国絵画共進会絵事功労褒賞
メモリアル 筆塚(興正寺

織田杏斎(おだ きょうさい)は明治時代名古屋の画家。名は啓、字は子道、別号は緑天館。

生涯[編集]

弘化2年(1845年)11月24日、尾張国名古屋下茶屋町に絵師織田共樵の長男として生まれた[1]文久2年(1862年)父が死去し、張晋斎に師事した[1]

1874年(明治7年)下長者町に写真館を開いた[2]。1875年(明治8年)結婚し、下長者町四丁目に移った[1]

1884年(明治17年)第二回内国絵画共進会で褒状[3]、絵事功労褒賞を得[4]宮内省御用品に選ばれた[1]。1886年(明治19年)本重町二丁目に移った[1]

明治43年(1910年)本重町一丁目に移った[1]。1911年(明治44年)11月病気を患い、1912年(大正元年)11月24日死去した[1]

旅行歴[編集]

作品[編集]

編著[編集]

受賞[編集]

  • 明治17年(1884年) - 第二回内国絵画共進会褒状[3]、絵事功労褒賞[4]
  • 明治32年(1890年) - 名古屋全国絵画共進会特別賞状[1]
  • 明治39年(1906年)5月 - 第二回絵画共進会名誉賞牌[1]

役職[編集]

  • 明治32年(1890年) 名古屋全国絵画共進会審査員審査員嘱託[1]
  • 明治38年(1905年)3月 愛知県立五二品評会絵画部審査員嘱託[1]
  • 明治43年(1910年)3月 名古屋開府三百年紀念新古美術店百覧会審査員嘱託[1]

親族[編集]

  • 父:織田共樵
  • 母:1875年(明治8年)6月6日没[1]
  • 甥:織田旦斎
  • 先妻:乙女 - 森弘道長女。1875年(明治8年)結婚、1880年(明治13年)5月11日没[1]
  • 後妻:すゑ - 乙女妹。乙女没年に結婚[1]
  • 長男:織田益吉 - 1884年(明治17年)生[1]。陸軍獣医?
  • 二男:織田杏所(安吉) - 1886年(明治19年)生、1901年(明治34年)没[1]
  • 三男:織田杏逸(三吉) - 1890年(明治23年)1月20日生[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 織田杏逸 「杏斎翁年譜」『杏斎翁遺墨帖』下、織田杏逸、1926年
  • 日本写真協会 「日本写真界の物故功労者顕彰録」『夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 Ⅰ. 関東編 研究報告』 東京都写真美術館2007年
  • 農商務省博覧会掛 『第二回内国絵画共進会褒賞授与人名表』 農商務省博覧会掛、1882年NDLJP:779840/7

外部リンク[編集]