織田憲嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

織田 憲嗣(おだ のりつぐ、1946年-)は、日本家具デザイナー、椅子研究家東海大学名誉教授。

高知県出身。大阪芸術大学芸術学部デザイン学科卒業。百貨店宣伝部勤務、フリーのイラストレーター、北海道東海大学(現在は東海大学に統合され同校の札幌キャンパスとなっている)教授、東海大学芸術工学部くらしデザイン学科教授を歴任。

専門分野[編集]

イラストレーション広告デザイン、家具デザイン

研究テーマ[編集]

アドバタイジングデザインとイラストレーション。椅子のデザインの体系化。

研究内容[編集]

  1. 近代椅子の基礎的研究:1850年代以降の建築家、デザイナーによりデザインされた椅子とその資料収集、およびそれらのデータの分析、分類とその集積、整理。そして、それらの椅子の図面化と、写真によるフォトライブラリー化。また、さまざまな作家による椅子デザインのファーストモデルからエンドモデルまでのイラストレーション化することにより、デザインの体系づけを行う。更に最近ではインターネット放送局「カレイドビジョン」の「名作椅子の紹介チャンネル/CHAIRS TV」 で、収集した椅子の中から代表的な作品を取り上げ、誕生の背景、デザイン、制作技術、エピソード等を解説している。
  2. 日本の伝統的民家の研究:最近、住宅の近代化により、その伝統的な建築様式や意匠が失われていく中で、その外観、内観、およびその構造を分解し、ビジュアル化するもので、図面や写真とともにテクニカルイラストレーションとして仕上げるもの。

主な所属学会[編集]

インテリア学会

著書[編集]

共著[編集]