繁次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

繁次郎(しげじろう)は、幕末のころ、渡島国江差(現在の北海道檜山振興局江差町)に実在したとんち名人である。地名を取って江差の繁次郎と呼ばれる場合が多い。

生涯[編集]

文化年間の生まれで、40歳を過ぎるまで母親と2人暮らし。寺男や、ヤン衆(出稼ぎ漁師)などの職業を転転とした後、明治初期に60歳ほどで死去したといわれる。

身長は5尺(150cm)に足りない小男で、頭と目と口が異様に大きいという特徴的な容貌だった。大酒のみだが、その一方で牡丹餅など甘いものも大好物だったという。繁次郎のとんちは他人を幸せにするものではなく、自分自身が得をする類のものが多い。

繁次郎話[編集]

繁次郎にまつわるとんち話繁次郎話という。江差で語り伝えられていたものが、ヤン衆の口を通じて秋田県の海岸部や米代川流域、男鹿半島青森県下北半島など、東北地方に伝播した。後に昭和27年、函館新聞の記者・中村純三が同紙に「繁次郎話」を連載し、さらに書籍化されるに至り、「北海道のとんち名人」として広く知られるようになった。

主な説話[編集]

40ほどの話が伝わっているが、その中でも代表的なものを採り上げた。他地域のとんち者のエピソードと内容が重なるものも多い。また、尾篭な話なども存在する。

キンキラキンノキン
ある時、松前の海で奇妙な魚が獲れた。形はカレイのようだが、金魚のように光るという奇妙な姿だった。珍品として松前藩の殿様に献上されたが、家来衆も町の長老も、誰も名前を知らない。そこで殿様は物知りと評判の繁次郎を召しだし、名を尋ねたところが「その魚の名は、『キンキラキンノキン』でございまする」との答え。あてずっぽうで答えた繁次郎だが、何も知らない殿様はそれを信じ、褒美として10両を下賜した。やがてその魚も干からびた頃、殿様は魚の名を失念してしまい、再度繁次郎を召しだして尋ねた。繁次郎もでまかせで言った魚の名を思い出せず、とっさに「カンカラカンノカン」と答える。それを聞いた殿様は先日の出来事を思い出し、「そちは以前、キンキラキンノキンと申したはずではないか?」繁次郎は慌てることなく、「イカは乾せばスルメと名が変わりまする。キンキラキンノキンの干物を、カンカラカンノカンと申すのでござります。」(落語てれすこ』の同工違曲)
茹で芋と夫婦喧嘩
繁次郎が隣家をたずねたところ、おかみさんが囲炉裏の鍋で馬鈴薯を茹でていた。彼の意地汚さに困っているおかみさんは、食わすものかと鍋の蓋を閉める。繁次郎は炉辺に座り、興奮した口調で話し始めた。「ああ、ドッテンした(びっくりした)の何の。そこの角の家でとんでもねぇ夫婦喧嘩やっててよ、あんな立ち回りは見た事も聞いたこともねぇ。」面白い噂話を聞きつけたおかみさんは、思わず話に連れ込まれる。「まず、亭主ぁ天秤棒さ持ってカカァさ踊りかかったべ。したらカカァも負けるもんか、こうして鍋の蓋とって受け・・・」。おかみは、思わず自分でも鍋の蓋を開けてしまう。「あんれ、芋でねぇか。ご馳走になるでや」こうして、繁次郎は大鍋の芋をすべて食い尽くしてしまった。
はらわん
借金まみれの繁次郎の家に、借金取りが乗り込んできた。繁次郎はと言えば、この寒さの中なのにふんどし一本の裸で布団に寝そべり、何故か腹に椀を乗せている。そして一言。「はらわん」。借金取りはあきれ果てて帰ってしまった。
草葉の陰
借金で首が回らない繁次郎は、家の戸に「忌中」と書き付けて姿をくらませた。それを見た借金取りは「三途の川さ越えてまで取り返しにはいかれね、香典代わりに帳消しにしてやるべ」と、諦めて帰って行った。ところが数日後、借金取りは山道でピンピンしている繁次郎に出会ってしまう。繁次郎は道の脇の藪に飛び込み、「繁次郎はこの通り、『草葉の陰』だでば!」
くさくってる馬
繁次郎が山道を歩いていると、腐敗臭が漂ってくる。藪の中を見てみると、大きな馬の死骸が転がっていた。繁次郎は馬喰(家畜商人)を見つけ、「いい馬見つけたすけ、買わねか?馬なら、その山ん中で草(くさ)くってら」と商談を持ちかける。やがて話がまとまり、山の中で馬喰が見つけたのは馬の腐乱死体。騙されたと怒鳴り込まれた繁次郎は、「だから言ったべ?臭(くさ)くってら、って」。
鰊潰し
繁次郎は漁場で、鰊潰し(鰊をさばいて、身欠き鰊などを作る作業)に雇われることになった。しかし口では大きなことを言いながら、働こうともしない。業を煮やした親方が怒鳴りつけると、「こだな鰊、一刻で全部潰してやるてば!」などと言うが早いか、大きな木槌で片っ端から鰊を打ち「潰して」しまった。
役人コ
繁次郎は道で出会った役人に、「おいおい、役人コ」と呼びかけた。小馬鹿にされたと感じた役人は烈火のごとく怒り、いまにも無礼討ちをしようという剣幕。繁次郎は平伏し、「尊敬申し上げているからこそ、『役人コ』と申し上げたのでございまする。徳川公、松前公、豊太閤、みな、公、コの字がつきまする。」役人はとたんに機嫌をなおし、意気揚々と帰って行った。繁次郎はペロリと舌を出し、「ヘッ!笑わせるなヤ、木っ端役人コが!」
十人とその他
繁次郎は海産物問屋を丸め込んで金を引き出し、自身でも鰊漁場を経営することになった。手始めに若者を2人雇いいれ、「おめだちにも親からもらった名前があるべども、おらが新しい名前つけてやる。おめは重人(じゅうにん)、おめは其太(そのた)だ」と、それぞれ新しい名前をつける。しばらくして、問屋の親方が「最近はどんな具合だ?」と繁次郎を訪ねて来た。繁次郎は旦那を家の中に招き入れると、外に向かって大声で「ジュウニン浜さ降りれ!ソノタ山さ行って薪取ってこい!」と呼ばわる。「十人」「その他」と勘違いした親方は、何十人もの部下を使う繁次郎の器量にすっかり感心してしまった。

江差町の観光と繁次郎[編集]

現在、江差町では繁次郎を「郷土の愛すべきキャラクター」として、観光事業に役立てている。

道の駅江差駐車場敷地内には繁次郎の像が設置され、同道の駅敷地内に設けられた宿泊施設は「繁次郎番屋」と命名されている。

他にも繁次郎の名を冠した菓子や温泉施設、さらにキャラクター化したプリントTシャツなど、町内各所でさまざまな形の繁次郎を目にすることが出来る。

2012年平成24年)2月には、繁次郎をモチーフにしたゆるキャラ「しげっち[1]」が作られ、イベント等に登場している他に、町内各所や函館バス・江差木古内線に使われる専用バス(日野・ポンチョ)等でイラストや像となっている「しげっち」を見る事が出来る。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 『江差の繁次郎』中村純三 みやま書房 昭和52年
  • 『続江差の繁次郎』中村純三 みやま書房 昭和55年
  • 『日本の世間話』野村純一 東京書籍 平成7年

外部リンク[編集]