縷紅新草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

縷紅新草」(るこうしんそう)は、泉鏡花の最後の作品。1939年(昭和14年)7月に雑誌「中央公論」に発表された短編小説。同年10月、中央公論社刊の『薄紅梅』に収録された。中公文庫でも刊行。

この作品を書き上げた2か月後に鏡花はこの世を去った。

のちに三島由紀夫は「無意味な美しい透明な歌 」と評し、「神仙の域に達している 」と感嘆した。

外部リンク[編集]