縦結び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
縦結び

縦結び(Granny knot)とは、ロープの端と端をつなげる結び方のひとつ。女結びともいう[1]

結び方[編集]

縦結びは次のように結ぶ。

まず、結ぶ紐の端と端を1度絡める。つまり、片方を他方にひと結びする。続いて同じことをもう一度繰り返すが、紐を絡める向きをさきほどと同じ向きになるようにする。あとは紐を引いて結び目を締めれば縦結びとなる。

特徴・用途[編集]

縦結びを結ぶときに紐の絡め方の向きを1回目と2回目でかえると横結びとなるが、縦結びは横結びと比べて強度が低くほどけやすい(詳細は本結び#横結びと縦結びを参照)。そのため縦結びは横結びと比べると使われる機会は少ないが、一度結ぶと結び目が固定される横結びと違って、一度結んだあと再度2つの端を引いて締めつけることができるため、手術の際の結紮などでは用いられることがある[1]。また、台湾朝鮮半島ではよく用いられている[2]

参考文献[編集]

注釈[編集]