緒方知三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1955年

緒方 知三郎(おがた ともざぶろう、1883年1月31日 - 1973年8月25日)は、日本病理学者。東京生まれ。

幕末蘭学者・緒方洪庵の次男である緒方惟準の四男。緒方章は弟。緒方富雄岡村昭彦岡村春彦は甥。

来歴[編集]

東京帝国大学医科大学(現在の東京大学医学部)卒。山極勝三郎に師事。脚気結核腫瘍の発生、「唾液腺内分泌に関する研究」等を研究。ドイツに留学し、ベルリン市ウエストエンド病院病理研究室などでの研究を終えて、1913年帰国、東京帝国大学医科大学医学科講師に嘱託、翌年助教授になる[1]。1923年に東京帝国大学医学部教授となり、1943年に退官し、同大学名誉教授となる。同年東京医学専門学校校長に就任し、1946年には東京医科大学初代学長兼理事長になる[2]。1954年、老人病研究会設立。現、一般社団法人老人病研究会および日本医科大学老人病研究所として存続している。1957年文化勲章受章。唾液腺ホルモン「パロチン」(1990年製造中止)の開発者でもある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『洪庵・適塾の研究』梅溪昇、思文閣出版, 1993、p491
  2. ^ 『洪庵・適塾の研究』p508

関連項目[編集]

外部リンク[編集]