緑被率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

緑被率(りょくひりつ)とは、一定の広がりの地域で、樹林草地農地園地などので覆われる土地の面積割合で自然度を表す指標の一つ。撮影した空中写真などを測定データとして用いている。

計算式[編集]

緑被率は敷地面積に対する緑地面積の割合で、計算式は緑地面積/敷地面積×100%である[1]。緑地面積は緑地の投影面積に緑地の種類ごとに定められた有効計数を乗じて算出された値である[1]。緑地面積には壁面も含まれ植栽延長に距離を乗じて計算する[1]

緑被率と緑視率[編集]

緑被率に対し、緑視率(りょくしりつ)もあり、視界の中に占める緑の割合。平面的にとらえる「緑被率」に対して、空間的な実感に近い指標として考えられた概念。厳密な測定は困難でいくつかの視点場における計測データで代表させる。

京都議定書#吸収源活動での主張でもあるとおり、日本カナダなどとともに、先進国の中では緑被率の比較的高い国であるが、東京都23区内の区域の緑被率は平均で約20パーセント台であり、樹木で覆われている割合となると10パーセントを切るくらいである。砧地域などは東京都特別区内でも緑被率は首都圏トップクラスの地域であるが、世田谷区全体の緑被率は30パーセント台に減少、首都圏近郊である横浜市では上郷町 (横浜市)瀬谷区などは比較的緑被率の高い地区となっているが、市全体平均は30パーセントそこそこである。近年首都圏の住宅供給地として発展を遂げている守谷市では早くから計画的に整備を図り、市内の緑被率は60パーセント程度である。

参考文献[編集]

  • 田畑貞寿 緑と地域計画〈1〉都市化と緑被地構造(古今書院 2000年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 緑被率の計算方法”. 金沢市. 2016年10月11日閲覧。

関連項目[編集]