総領町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
そうりょうちょう
総領町
廃止日 2005年3月31日
廃止理由 新設合併
庄原市総領町口和町西城町
高野町東城町比和町庄原市
現在の自治体 庄原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
甲奴郡
団体コード 34562-8
面積 70.61km²
総人口 1,889
(2004年3月31日)
隣接自治体 庄原市、府中市三次市
神石高原町、東城町
町の木 ヒノキ
町の花 セツブンソウ
総領町役場
所在地 729-3703
広島県甲奴郡総領町大字下領家280-1
外部リンク 庄原市HP
特記事項 当時の町役場は庄原市役所総領支所として使われている。
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

総領町(そうりょうちょう)は、かつて広島県甲奴郡におかれていた

2005年3月31日庄原市及び比婆郡の全5町と合併(新設合併)し、新たに庄原市となったことに伴い消滅した。

町名の由来[編集]

成立時に合併に参加した二つの村(田総〔たぶさ〕・領家)から一文字ずつ採って命名された。

地理[編集]

河川
  • 田総(たぶさ)川 - 江の川支流。消滅当時三次市境付近で灰塚ダムの建設が行われていた。
  • 龍王山(768m)
  • 高山(556.2m)

沿革[編集]

  • 1889年4月1日 - 町村制施行に伴い、甲奴郡稲草村・上領家村・亀谷村・木屋村・黒目村・五箇村・下領家村・中領家が成立する。
  • 1912年1月1日 - 稲草村・木屋村・下領家村が合併(新設合併)して田総村が成立する。同日、上領家村・亀谷村・黒目村・五箇村・中領家村が合併(新設合併)して領家村が成立する。
  • 1955年3月31日 - 田総村・領家村が合併(新設合併)、同時に町制を施行し、総領町が成立する。
  • 1973年9月26日 - 庄原市との境界に存在する広島県道24号福山庄原線(1982年12月6日広島県告示第1,278号により廃止。現:国道432号)の難所・粟石峠にトンネル(粟石トンネル)が開通する。それ以降庄原市との関係が深まる。
  • 2005年3月31日 - 庄原市および比婆郡口和町西城町高野町東城町比和町と合併(新設合併)し、新たに庄原市となったことに伴い消滅する。

産業[編集]

特産品[編集]

  • 田総羊羹
  • 花ほぼろ - 竹細工の花籠。
  • 提灯菓子

大字[編集]

  • 稲草(いなくさ)
  • 上領家(かみりょうけ)
  • 亀谷(かめだに)
  • 木屋(きや)
  • 黒目(くろめ)
  • 五箇(ごか)
  • 下領家(しもりょうけ)
  • 中領家(なかりょうけ)

教育[編集]

小学校
  • 総領町立総領小学校
中学校
  • 総領町立総領中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

町内に鉄道路線は通っていない。利用するとすればJR芸備線備後庄原駅かJR福塩線上下駅まで中国バスで出る必要がある。

道路[編集]

国道
主要地方道
一般県道

名所・旧跡[編集]

年中行事[編集]

  • 総領町おいでん祭 - 9月末または10月初旬の土曜日・日曜日開催。世界一の餅つきが行われる。
  • 節分草祭 - 3月中旬の日曜日開催。

備考[編集]

総領町は同じく庄原市の一部になった比婆郡高野(082486)・比和(082485)両町とともに本州で最後まで残った市外局番6ケタ地域だった(市外局番082488、2004年2月28日変更)。

関連項目[編集]