総武線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

総武線(そうぶせん)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線。以下に大別される。

  • 総武本線 : 『鉄道要覧』における「総武線」。東京駅 - 銚子駅間を結ぶ鉄道路線(幹線)であり、錦糸町駅 - 御茶ノ水駅間の支線および小岩駅 - 金町駅・越中島貨物駅間の貨物支線を含む。具体的には以下の運転系統・区間を指す。
    • 総武本線(旅客案内上) : 上記のうち千葉駅 - 銚子駅間。下記の快速線・緩行線・貨物線を除いた区間。
    • 総武快速線 : 本線のうち東京駅 - 千葉駅間を走る快速電車の系統。東京駅から先は横須賀線(東京駅 - 久里浜駅)[1]と相互直通運転を行う。旅客案内上は「横須賀・総武快速線」「横須賀・総武線」などと呼ばれている。
    • 中央・総武緩行線 : 本線のうち御茶ノ水駅 - 千葉駅間を走る各駅停車の系統。御茶ノ水駅から先[中央本線(御茶ノ水駅 - 三鷹駅)と相互直通運転を行う。旅客案内上は「中央・総武線(各駅停車)」「総武線各駅停車」などと呼ばれる。御茶ノ水駅以西の中央本線区間も併せて「総武線各駅停車」と呼ばれることがある。
    • 貨物支線 : いずれもJR東日本が第1種鉄道事業者であるほか、日本貨物鉄道(JR貨物)が第2種鉄道事業者となっている。
  • 総武線の部 : 路線群としての「総武線」。上述の総武本線に、京葉線内房線外房線成田線などの系統路線を抱合。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 厳密には東京駅 - 大船駅間は東海道本線であり、大船駅 - 久里浜駅間が横須賀線である。